1月7日深夜、「自動運転の電車」がJR山手線を走ったらしい

  • 13,142

  • author 小暮ひさのり
1月7日深夜、「自動運転の電車」がJR山手線を走ったらしい
Image: Nut Vasinyont/Shutterstock.com

山手線も自動運転へ?

NHKニュースによると7日の深夜、JR東日本が山手線で、電車の自動運転の導入に向けた走行試験を行なったとのこと。

試験にはJR東日本が開発を進めているATO(自動列車運転装置)を備えた「E235系」車両を利用。大崎駅を出発して、1周34.5キロの山手線を2周したそうですよ。今回は試験なので運転士が立ち会いましたけど、「出発ボタン」を押したあとは、マスター・コントローラーやブレーキの運転操作はなし。速度調整や各駅の停車は自動で行なわれました。

今回の試験では、乗り心地やダイヤが乱れた場合に回復できるのか?などが確認され、現在は技術的な課題を検証する段階みたいですね。もちろん踏切がある以上は、今後安全面などもかなり慎重に検討されることでしょう。自動車でもさんざん問題になってますけど、乗り物の運転をどの程度自動化して良いものか?は、現代社会・テクノロジーにおいての課題の一つですね。

この試験の背景にはJRの人手不足問題もあるようですし、交通手段としての理想を言えば、全部オートメーション化されたSFチックな電車がいいのでしょう。

でも、運転士さんに憧れて、「白い手袋」を求めた少年時代、『電車でGO!!』にハマった青年時代がある僕としては、それはそれで寂しさも…うーん。う〜ん……。

Source: NHKニュース

あわせて読みたい

powered by