自動運転車のレーザー、デジカメのセンサーを破壊。23万のα7R IIが台無しに

  • 96,876

  • author 塚本直樹
自動運転車のレーザー、デジカメのセンサーを破壊。23万のα7R IIが台無しに
破壊されたデジカメ「Sony α7R II」 Image: Valentin Valkov/Shutterstock.com

思わぬリスク。

自動運転技術を支える、車両装備から発せられるレーザー(Lidar)。このLidarが、なんとデジカメのセンサーを破壊したという意外な報告が、海外から登場しています。

自動運転技術を開発しているJit Ray Chowdhury氏は、AEye社が開発したLidarシステムをソニーのフルサイズミラーレスカメラ「α7R II」で撮影していました。そして撮影した画像を見返すと、なんとどの撮影画像にも謎の光るスポットとラインが記録されていたのです。Lidarシステムはレーザーを照射して自動運転車に周囲を認識させるためのものですが、そのレーザーがα7R IIのセンサーに当たってしまったようなのです。

20190114nlidar
Image: Peta Pixel

こちらは、壊れたカメラであえて真っ暗闇にて撮影した画像です。おお、センサーが破壊されると、こんなにも神々しいラインができてしまうのですね。ボディ価格でも23万円もするα7R IIが台無しですな…。

Lidarのレーザーは人の目には安全なように設計されているそうですが、カメラにとってはそうも言えなかったようです。AEyeのCEO・Luis Dussanは「カメラは最大で眼球の1000倍の感度ですからね」とArs Technicaに語っています。街中を自動運転車が行き交う未来では、デジカメでの撮影には注意が必要なのかもしれませんね。

Source: Peta Pixel, Ars Technica

    あわせて読みたい

    powered by