Loupedeck Plusレビュー:マウスにはない現像体験、お値段以下の安定感

  • 24,306

  • author ヤマダユウス型
Loupedeck Plusレビュー:マウスにはない現像体験、お値段以下の安定感
Photo: amito

現像道、はじまります。

「Loupedeck」は、クラウドファンディングで大成功をおさめた、Adobe Lightroom向けの専用コントローラー。露出、コントラストなど写真編集に使うおなじみのパラメータをつまみやボタンで操作することができます。現在は第2世代となる「Loupedeck Plus」が、Amazonなどでも取り扱われはじめています。

RAW現像大好きマンや、DaVinci Resolve Micro Panelのようなプラグイン的ハードウェアに焦がれるユーザーを狙い撃ちしてきたこのアイテム。果たしてその使い心地はどんなものか、その所感をば。

見た目はチープだけど…

Loupedeckのアプリをインストールしたら、USBでPCと接続してAdobe Lightroom Classic CCを起動。Loupedeck Plusは、Lightroom Classic CCのみに対応しています。Lightroom CCユーザーの方はご注意を。

190117-loupedck-top-down-03-2000x1125
Image: Loupedeck
181229loupedeck_02
Photo: ヤマダユウス型

本体はマットな質感のプラスチック製。重くもなく、商品写真から感じたほどのゴージャスさはありません。この軽さは持ち歩く分には有利ですね。

181229loupedeck_03
Photo: ヤマダユウス型

ダイヤルはすべてプッシュが可能で、回転は無段階ではなくコリコリとした感触アリ。どれもトルクは軽く、少しだけグラグラする遊びが感じられます。ダイヤルは常に触れる部分ですし、ここはもうちょっとしっかり作り込んでいてくれてても良かったかな。

でも、その他のプッシュ系のボタンについては感触良好。カチカチと小気味良く動作するので、作業自体も軽快にこなせます。矢印キーや「取り消す」「やり直す」ボタンもそれぞれあるので、キーボードを触ることなく現像に集中できるでしょう。

あと、Loupedeck Plus本体をMacBook Proのキーボードの上に置くと、Loupedeck Plusの足がキーボードに当たって誤入力してしまいます。ということでラップトップの上に乗せて使うスタイルでは使えません。これはちょっと残念。

物理操作の快適さは間違いなかった

181229loupedeck_04
Image: ヤマダユウス型 / Loupedeck

各ボタンはLightroom Classic CCの主なパラメーター(露出、色温度、黒レベル等)や色チャンネルに固定で割り当てられており、特に設定を必要とせず操作が可能。「Contrast」や「Exposure」のように、Loupedeck Plus側にラベリングされているものは基本固定で、それ以外のC1〜や、P1〜、L1〜などのボタンはアプリ側である程度変更ができます。

181229loupedeck_05
GIF: ヤマダユウス型

色温度のダイヤルを動かすと、こんな感じで色温度のスライダがスムーズに変化します。ダイヤルの段階が細かいため、例えば色温度を+4にするといった細かな操作であってもカカカカッと指先の感触を頼りに調整することもできそうです。ダイヤルをプッシュすればデフォルト値に戻ります。

触ってみて思ったのは、マウスよりも圧倒的に現像に集中できるということ。マウスでスライダーを動かすと大きく行き過ぎてしまったり、数値量の変化に目をやってしまうことってありません? 写真の変化だけに集中できず、細かくマウスを動かすことに気を取られがちというか。

Loupedeck Plusによるコントロールなら、そんな心配はもちろんなし。微細な調整をほどこしつつ、目は写真に、手はパラメーター変更に集中できます。ダイヤルの位置を覚えればもっと作業は効率化していくでしょう。マウスだとパラメーターを探してる間にインスピレーションがどこかに行ってしまうこともありますしね。逃げ去るイメージですよ。

それから、画期的だったのがコレです。

181229loupedeck_06
Image: ヤマダユウス型

2つのダイヤルを、同時に動かすことができるッ! マウス操作だと露出とコントラストのような、2つのパラメーターを同時に調整するなんて、絶対に不可能ですからね。同時操作を活用すれば「露出を上げつつ黒レベルを下げたらどうなるんだろ」みたいな、パラメーターの相関変化を見ることができます。これは画期的だし専用コントローラーならでは!

気軽かつすばやく数値を変更できるのも専用コントローラならではの利点だなと感じました。マウスだとパラメーターを行き来すること自体が億劫ですが、ダイヤルならあっちこっちいじり放題です。ちょっと露出を上げて黒を絞るだけでも、普通なら3〜4手かかるところ、ダイヤルなら一瞬。リアル写真体操だって夢じゃありません。あと5秒しか現像できませんよ!

リズム現像のはじまり。でも価格のわりに安定せず

181229loupedeck_01
Photo: ヤマダユウス型

露出いじって明瞭度いじって〜と、ダイヤルを順繰りに触っていく、マウス操作では決して味わえないリズムによる現像ライフをLoupedeck Plusはもたらしてくれます。2アップの比較表示やフラグ付けもボタン1つでOK。ライブラリモードと現像モードでキー割り当てを変更することもできるから、キーボードを触る必要もありません。

外部コントローラーを使ったLightroom現像は、音楽用のMIDIコントローラーでも可能で、色々なハック方法が紹介されています。Loupedeck Plusがそれらに勝る点は、豊富かつ精緻なダイヤル操作と設定の簡単さでしょう。あと、ちゃんとContrastって書いてあるダイヤルを動かしてコントラストを変えられるのは、やっぱり気持ち良い。

181229loupedeck_07
Image: ヤマダユウス型

でも、その気持ち良さと操作性のために払う金額として、Amazon価格で3万4000円というのは、さすがに擁護できかねます。「1万5000円なら欲しい」「特価で9,800円とかなら」といった意見が編集部でもありまして、作りのプラスチッキーさと役割を考えたら、この価格はなぁ……。クラファン産アイテムゆえの悲しみ。

動作の不安定さも気になりました。Lightroom Classic CCでもバージョンによっては動かないボタンがありましたし(8.1で完全動作、7.0.1で動かないボタンあり)、Loupedeck PlusはPremiere ProやAfter Effectsでも動作するはずなんですが、こちらもバージョンのせいか自分の環境では動かず。ついでにLogic Pro XにMIDIコントローラーとして設定できるか試してみましたが、無理でした。Loupedeckのプラグインをうまく認識されず、Lightroomを再起動せざるを得ないことも。

いっぽうで、どうやらPhotoshop CC 2019に対応したバージョンのアプリがリリースされたようで。この運営のスピード感はありがたいです。いずれ安定性も改善していくといいのですが...。

物理コントローラー is 正義なのは紛れもなく真実なのですが、このようにお値段のわりには不安定でした。写真や映像においてのハードウェアプラグインの利点を再認識させてくれたという意味では、これに続く製品に期待したいですね。なので、安くて安定した真・Loupedeckの登場をだね。

Source: Loupedeck, デジカメ Watch, Amazon

Loupedeck Plus ほしい?

  • 0
  • 0
Loupedeck

    あわせて読みたい

    powered by