驚きの地形を見てみよう。火星探査機マーズ・エクスプレス活動15年

  • 15,365

  • author 岡本玄介
驚きの地形を見てみよう。火星探査機マーズ・エクスプレス活動15年
Image: European Space Agency, ESA/YouTube

改めて火星について、ちょっとおさらいしてみませんか?

2003年12月25日、火星探査機マーズ・エクスプレスが火星の周回軌道に突入しました。それから2週間ほどで、探査機は初めて高画質ステレオ・カメラで撮った写真を地球に送り届けてくれました。

そして15年が経ち、探査機が送ってくれた写真は数千枚にも及び、それは惑星すべてをカバーするほどになったのだそうです。

ということで、欧州宇宙機関(ESA)が、これまで撮り溜めた画像から特に目を見張る地形をまとめて1本の映像にしてくれました。

Video: European Space Agency, ESA/YouTube

深い谷やクレーターばかりですね。物理学者ゲルハルト・ニューカムにちなんだクレーターや、北極と南極にある氷帽、日本語が由来のカセイ峡谷、黒い土壌のラーベ・クレーター、オリンポス山など大地の削られ方も飛び出し方も壮大な規模となっています。

天文学者ヨハン・ゴットフリート・ガレにちなんだガレ・クレーターは、全体的にスマイル・マークに似た地形。かつてお伝えした幅82kmのスケート・リンク「コロリョフ」よろしく、氷が溜まったクレーター・アイスや、火星の第1衛星フォボスも登場。

火星はアリッサ・カーソンちゃんが移住予定の星で、イーロン・マスクが2028年頃に「火星基地アルファ」を作りたいと話している星です。もっと地表から見ると、荒涼とした景色が360度広がっているだけなのですが、上空から見ると非常にドラマティックな地形がたくさんあるわけです。

火星ではまだまだ、キュリオシティ先輩と新入生InSight、そして忍耐の丘の眠リ姫オポチュニティもいます。今後は陸と空から、どんなニュースが飛び込んでくるでしょうか? 乞うご期待!

Source: YouTube

    あわせて読みたい

    powered by