お墓ではない? マヤ文明の儀式で使ったサウナでした

  • author 岡本玄介
お墓ではない? マヤ文明の儀式で使ったサウナでした
Image: IFLSCIENCE! via Professor Jarosław Źrałka

マヤ人にちょっと親近感。

驚くことに、グアテマラにて考古学者たちが2500年前のサウナを発見しました。IFLSCIENCE! いわく、岩を掘ってトンネルや階段を作ったその場所は、複合施設となっているとのこと。5年前から発掘調査を開始したポーランドの調査団によるこの発見は、メソアメリカ地域にある最も古く、最も手つかずのサウナとなりました。

ヤギェウォ大学考古学研究所のWiesław Koszkul氏は、この場所についてこう話しています。

はじめは墓所を見つけたと思ったのですが、段階的に構造のさまざまな要素を解き明かすに連れ、ここがサウナであるという結論に達したのでした

サウナである証拠の数々

ここは古代マヤ遺跡ナクム。墓所への入口かと思われたトンネルは、サウナへの入口であると共に、溢れたお湯を逃がす排水口だったようです。それにサウナ室内には岩を削ったベンチが壁沿いにあり、人々がそこで座っていたであろうことがわかります。

決定的だったのは、何かを燃やした焦げ跡がブ厚く残るかまどの存在です。ここで岩石が熱せられ、水をかけられていただろうと考えられるのです。加えて特定の場所で崩れ落ちている岩石から、部屋が高温であった可能性が高いとみられています。

今でも続く伝統

実は儀式のためのサウナの使用は、今日でも地域の人々によって続けられているんです。サウナは安産の助けになると信じられており、時として妊婦もサウナに入るのだとか。

発掘調査をしているJarosław Źrałka博士は、SCIENCE IN POLANDに対してマヤ文明の伝統についてこう話しています。

マヤの信念では、洞窟と浴場はほぼ同じ地位にあります。これは、神と最初の人間の両方が生まれた場所であり、彼らはそこから世界へと出ていくのです。サウナのような場所は、神々や先祖が住む、地下世界への入り口と考えられています。洞窟と浴場は、肥沃な生命の源となる水が湧く場所と考えられているのです

人為的に埋められていた

190123_maya2
Image: IFLSCIENCE! via Piotr Kołodziejczyk (Proyecto Arqueológico Nakum)

このサウナは紀元前700年頃から紀元前300年頃まで使用されていたようです。ですがその後、ここはモルタルと瓦礫に埋められてしまったのです。おそらくそれはナクムを支配した王朝の変化、またはマヤの社会的および宗教的生活における、ほかの重要な変化に関連していたのかもしれません。

ちなみに調査団は、以前にもマヤ人が使用していた風呂場の残骸を発見していましたが、この場所ほど無傷の浴場はほかに類を見ないほど、ちゃんと残っていたのだそうです。 しかし何で埋めてしまったのか、勿体ない気がしますね。

Source: IFLSCIENCE! via Jagiellonian University in Kraków, SCIENCE IN POLAND

あわせて読みたい

powered by