ファンタム電源付きでバッテリー駆動。どこでも録れる小型オーディオインターフェイスが出ました

  • author ヤマダユウス型
ファンタム電源付きでバッテリー駆動。どこでも録れる小型オーディオインターフェイスが出ました
Image: electronicMUSICIAN

デジタル遊牧民のためのアイテム。

アメリカのオーディオメーカーCEntrance社から、バッテリー駆動な小型オーディオインターフェイス「MicPort Pro 2」が発表されました。前モデルの「MicPort Pro」は2007年に発売されていたようで、なんと12年ぶりのアップデートになります。ひょえ〜古株〜。

24bit/192kHzで動作する高品質なマイクプリアンプのほか、コンボジャック、Hi-Z入力、ヘッドホンアンプなどを搭載。バッテリー駆動でありながら48Vファンタム電源対応ってのも強いじゃないですか。ギターもマイクもこれで録れるし、ポータブルにも自宅スタジオ的にも使える気がしますよ。本体への充電はUSB経由。

オーディオインターフェイスというとミュージシャン向けな印象ですが、ビデオブロガーやライブストリームなんかの用途も見据えているみたいです。スマホと一緒に持ち歩けるサイズ感だし、あっちこっちで高品質に配信したいのじゃーっていう人は、こういうのがあると何かと捗るんじゃないでしょうか。

近日発売予定で、価格は約2万7400円。スマホ配信も音質側はまだまだ迫れますね。ASMR動画とかするなら、24bit/192kHzくらいいっときましょう。え、YouTubeにアップするなら関係ない? 是非もないね!

Source: SynthAnatomy, electoronicMUSICIAN

あわせて読みたい

powered by