カラダの見た目も中身もみーんな画像に。医療を変えるバイオイメージング技術とは

  • Mugendai
  • author 渡邊徹則
カラダの見た目も中身もみーんな画像に。医療を変えるバイオイメージング技術とは
Image: Shutterstock

あなたのカラダ、細胞レベルで解析します。

今や生活のあらゆる場面に進出しているAI。家電や自動車といった身近なものから、命を扱う医療現場でも大活躍しています。

AIによる画像解析技術によって医療の世界に革新を起こそうという動きが、IBMのWebメディアMugendai(無限大)で紹介されていました。医師を助けるAIの技術で、一体何が変わるのでしょうか。

細胞レベルで画像撮影・分析する「バイオイメージング」という技術

インタビューに登場していたのは、バイオイメージングバイオイメージ・インフォマティクスと呼ばれる技術を扱う、エルピクセル株式会社CEO島原佑基さん。同業界を世界的に牽引する、東京大学発のベンチャー企業です。

島原さんいわく、バイオイメージングとは細胞組織などの画像を撮影する技術を指し、それを解析・研究することをバイオイメージ・インフォマティクスと呼ぶそう。

デジタル技術や3Dデータの発達による画像データ量の爆発的な増加により、さまざまな分野の研究でこれら技術のニーズが高まっているそうで、具体的な活用例についても紹介されています。

生物学は複雑な遺伝子やタンパク質、組織など、人間が処理しきれないほどの膨大な情報を扱います。(中略)バイオイメージ・インフォマティクスの活用例としては、ガン化した細胞の判別植物の成長過程からの病変の検出粒子の解析など多岐に渡り、多くの研究者に必要とされている技術と言えます。

生き物に関するあらゆるデータを撮影・解析。医療を変えるバイオイメージング技術とは
Image: Mugendai(無限大)

バイオイメージング技術の応用範囲は、それだけにとどまりません。例えば、病気の診断支援CTMRIといった検査機器の発達で、医療機関が扱うデータ量は20年で100倍以上に増えた一方、当然ながら医師が100倍になったわけではありません。島原さんたちは「自分たちの画像解析技術を提供することで、状況を変えたい」と語ります。

また、医療が発達した日本で研究することにもメリットがあるそう。島原さんは以下のように語っています。

機械学習のためには症例画像のデータが不可欠ですが、肺ガンやマンモグラフィーの画像は、アメリカの機関が公開しているデータが多くあります。しかし、それらのデータも質にばらつきがあり、そのまま利用はできません。一方日本では、CTやMRIの導入率が世界トップクラスであり、肺や乳腺の他、脳、肝臓、大腸などの部位、多様な病理に関連する画像が豊富です。

AIでは世界にやや遅れを取っているように思える日本ですので、期待が高まりますね。

他にも、患者自身が自分の医療データを管理する新しい医療の形など、新しい医療やバイオイメージングに興味のある方はぜひMugendai(無限大)より続きをお楽しみください。

Source: Mugendai(無限大)

    あわせて読みたい

    powered by