ばいばいアップル税。Netflixが全世界でアプリ内課金やめる。節税幅がすごいことに

  • 206,001

  • author satomi
ばいばいアップル税。Netflixが全世界でアプリ内課金やめる。節税幅がすごいことに
Netflixはアップルのすてきなドル箱 Image: Apple

年間ウン百億円の山がゴゴゴ…。

Netflix(ネットフリックス)が全世界でiOSアプリからiTunes課金を排除することを決めました。Appleに売上の15%を徴収されてしまうのを嫌ったもの。昨年から一部市場で試験利用は行なっていたのですが、結果に気をよくし、全面採用に踏み切った模様です(VentureBeatが取材で確認)。

これからは新規登録時にサイトに遷移して、そちらで直接支払うかたちになります。 まあ、1回設定すれば終わることだし、それだけで映画をつくってないリッチなAppleから貧乏脚本家のギャラにお金が回るならお安い御用ですわ。

デベロッパー vs. アップルの手数料バトル

iTuneのApp Storeではアプリを買うと、30%がAppleに渡ります。それを迂回するいたちごっこは昔からあって…

1)デベロッパー、「無料ダウンロード+アプリ内課金」で30%の手数料をバイパス

2)Apple、アプリ内課金も30%の課税対象に含めて、外部のアプリ内課金の利用を禁止

3)デベロッパー、「ウェブで払う」モデルでアプリ内課金をバイパス

4)Apple、今度ばかりはAndroidが台頭してきたこともあって2年目以降の手数料を15%に値下げ

…という流れがあります。

Netflixはこの世の終わりのように映画をつくってる

でもNetflixって売上半端ないので、15%でも昨年だけで推定2億5600万ドル(約277億円)にもなってしまう計算。しかも昨年は今のアップルショックの比じゃない株価半減状態でしたが、あの死に体でありながら途方もない借金をしてオリジナル作品をなんと9万分も制作していて、ちょうどその刈りいれ時に差し掛かっています。

9万分ってなんかタイポみたいに見えますけど違うんです。Quartzが目を皿にして2018年の世界配信オリジナルの動画(映画・ドラマなど)を数えたらおよそ345作品もあって、各作品の長さを映画データベースと照合したら90,000分=1,500時間にもなっちゃって、「ネトフリのオリジナルを見続けるだけでパートの仕事になる」と書いてますよ。見ても見てもオリジナルが湧いてくるのは、まあ、そんなわけ。ルージング・バトルなんすよ。

この山のようなコンテンツで上昇気流に乗れば今年はハーフビリオンもAppleに天引きされちゃうと、Sensor Tower社モバイル調査部門トップのRandy Nelson氏は試算しています。まさにアプリストアTOPの金の卵が半分(新規分)羽をつけて飛んでいったかたち。

フォートナイトでGoogle税を迂回したEpic Gamesの場合

無名のヒットメイカーにとって30%はリーズナブルでも、ビッグネームは「なんで?」という気持ちが強く、利ざやを稼がなきゃならないがために無駄にアプリ内課金を増やさなきゃならなくてゲーム環境が台無し、というのはクリエイティブマインドにも影を落としているようです。

そんなわけでGoogle Playを完全スルーしたのが世界利用2億人、通算売上10億ドル(約1084億円)のメガヒット『フォートナイト(Fortnite)』です。開発元のEpic GamesはAndroid版アプリをウェブ経由でリリースし、Googleは5000万ドル(約54億円)もの収益機会がゼロになってしまいました。

開発しても開発しても薄い利ざやでじっと手を見る…の悪循環を断ち切ったのは中国Tencentからの大型投資でした。これで勢いを得て、思い切った方針転換ができたみたいですね(TechCrunchより)。

まあ、そのTencentも中国政府にいきなりゲーム規制されて売れるものも売れなくなってるので、中国共産党の壁に比べたらGoogle、Appleの壁なんてまだまだ…。

ゲーム業界はプラットフォーム乱立時代へ

Epic Games社はアプリストア事業にも進出していて、AppleとGoogleとSteamの30%の手数料を12%に切り下げたストアを先月開設し、デベロッパーをおいでおいでしています。チャットアプリのDiscordも手数料を10%まで切り下げたPCゲームストアを今年開設するみたい。それやこれやで独走体制が崩れたPCゲームストアの王者Steamも手数料見直しを迫られています。

BethesdaもActivisonも独自プラットフォーム構えたり、ゲーム業界では特に昨年、アプリストア手数料迂回の動きが目立ちました。それが先か後かはわからないけど、最近は70:30をもはや「納得配分」と感じない人のほうが増えているという一般感情の変容もあるようです(ファミ通より)。

App Storeは売上過去最高記録更新

まあ、しかし、App Storeは手数料を下げてもAppleのドル箱です。現に12月24日~31日のクリスマスシーズンだけでストアの売上は過去最高の12億2000万ドル(約1324億円)に達したんだそうな。ほとんどはゲーム。わけても『フォートナイト』と『PUBG』(モバイル)が最強でした。ビッグネームがひとつふたつ抜けたところでビクともしないだろうし、もう何もしなくてもお金が入る永久機関がみなさまの手のひらに完成してしまったような感じですねー。

今年はNetflixキラーも出すもんね

190107netflix_apple_FAQ
「iTunesの請求を止めるには?」
Image: NetflixのFAQ

AppleはNetflixに対抗する動画サービスも昔から準備中で、オリジナル制作費用として昨年は10億ドルをポンと投じました。今年上半期にはいよいよ米国を皮切りに世界100か国以上でローンチする見通しです(The Informationより)。無料のiOSアプリだけって話だったのだけど、CESではiTunesが初めての試みとしてサムスンTVに搭載になることも発表になりました。自社のハードを売るためのサービスしか作らない路線だったけど、ほんと、今年はサービスの外回りも積極展開ですね!

消えないNetflix買収の噂

あんまり話題作を作っているという話も聞かないし、チーズはどこへ消えた…じゃないけど、あのビリオンドルはどこに消えたのだ?って言われてますけどね…。Netflixの株価がずりずり落ちたときには「下手につくるより近所のNetflixを買収したほうが早いんじゃ…(お金あるんだし)」という話がわっと広まったので、最近は「Netflix、Apple」で検索すると「買収すると思うこれだけの理由」「いつ買う」「買うしかない」といった予想ネタばかりが出てきて笑っちゃいます。こんな近くにいてハリウッドの同じパイを食い合うのを、ファンは心配しているのかもしれませんね。

こないだ自社株が落ちたときティム・クックCEOがこんなことTVで言ってて(12:00~)、およん?となりましたが。

Watch CNBC's full interview with Apple CEO Tim Cook from CNBC.

司会者:四半期末のネットキャッシュ(手元資金)が130ビリオンとおっしゃいましたよね?

クック:その通りです。


司会者:それだけあるならもっと投資家が喜ぶ大型買収もできるんじゃないですか?

クック:買収相手は規模の大小や国では捉えていなくて戦略がすべてです。大企業も検討しましたが重なるところがなくて見送りました。でも完全に消えたわけではないです。お金はたくさんありますからね。ずっと前から棚上げになっているプランで、株を買うことは間違いないです。

この130ビリオン。ちょうど今のNetflixの時価総額だったりもします。こんな偶然があるのね…。

Sources: VentureBeat , BoingBoing, Quartz, TechCrunch, ファミ通

    あわせて読みたい

    powered by