ロマンしかない。「蒸気エンジン」で宇宙を旅する日が来るかも!

  • 10,094

  • author そうこ
ロマンしかない。「蒸気エンジン」で宇宙を旅する日が来るかも!
Image: kawano/Shutterstock.com

どうやらフィクションじゃないらしい。

蒸気機関車って、なんかロマンありますよね。近い未来、いつか宇宙旅行する時がきたら、いっそのこと蒸気機関車で行けたらな。円盤型のUFOでヒュイーと飛んでいくよりも、蒸気機関車に揺られる宇宙の旅のほうが情緒あります。イメージは完全に銀河鉄道999。もしかしたらこれ、現実になる、かも

セントラルフロリダ大学と民間宇宙事業Honeybee Roboticsが共同で研究開発を行なっているのが、蒸気を原動力とした宇宙船「WINE(World Is Not Enough)」。なぜ蒸気を原動力にしているのかというと、地球圏外で水を蒸気に変換させ続けることで、原理上は星から星へ宇宙空間を移動することができるんだとか。研究を率いるPhil Metzger氏は以下のように語っております。

月、ケレス惑星、エルロパ、タイタン、冥王星などなど、水があって、重力が弱い星なら、どこでもこの技術を活用することができます。

すでに試作品が作られ、初テストも実施。カリフォルニアで行なわれた、水を摂取しエネルギーに変えるという擬似惑星での想定テストをこなしました。現在は、WINEの飛躍のためにさらなる提携先を模索中。

WINEは蒸気が原動力なだけで、もちろん蒸気機関車の形はしてません。それどころか、サイズは電子レンジほど。それでも、蒸気機関車宇宙の旅への第1歩だと思えば、これもロマンです。

Source: Live Science