2019年、もっと効率的になれるテック小ワザ11選

  • 12,434

2019年、もっと効率的になれるテック小ワザ11選
Photo: Sam Rutherford/Gizmodo US

効率性は、もっと極められる。

ショートカットキーはもちろん、音声入力、スマートアシスタントまで、さまざまに年々進化するテックの小ワザ。みなさんはどれほど活用していますか?

普段使っているPCやスマホの使い方をちょっと工夫をするだけで、作業能率をグンと上げて周囲と差をつけられることまちがいなし。新年を迎えてしばらく経ったいま、改めてテックまわりを見直したいという方はぜひ一緒に実践しましょう。

1) 音声認識 / 音声コマンドを活用する

19011511techhacks2
Image: Gizmodo US

WindowsもmacOSも音声認識 / 音声コマンドツールをビルトインで提供しています。Windowsでは、スタートメニューから「音声認識」を検索。Macユーザーは、システム環境設定から「キーボード」を選択し、「音声入力」をクリック。さらにこうした機能は、Google Docsでも利用できます。

効率性アップに限らず、カタカタとタイピングするのに飽きたという人も、自分の音声に従ってどれほど正確に書き出してくれるのかは見ものです。うまく入力できていたら、タイピングと比べてかなり時間節約につながることもしばしば。

すでに、SiriやGoogleアシスタントで音声認識を経験しているという人は多いかもしれませんが、さらに音声入力でメールを書いてるという上級者もいることでしょう。

2) デスクトップを拡張する

19011511techhacks3
Image: Gizmodo US

WindowsもmacOSも、複数のデスクトップにネイティブサポートされているため、ハードウェアを追加で用意することなく複数のモニターがセットアップされているかのような状態をつくることができます。

macOSではこうした仮想デスクトップのことをSpacesと呼んでいます。DockまたはLaunchpadからMission Controlを出すか、Command+上向き矢印キーでショートカット機能を使うこともできます。カーソルを画面上部に動かし、+のアイコンをクリックすると新しいSpaceを作成することが可能です。

Windowsの場合、タスクバー検索ボックスの右にある「タスクビュー」ボタンをクリック。詳しくはコチラの記事で扱っています。

3) 通知をオフにする

19011511techhacks4
Photo: David Nield/Gizmodo US

使い込んでるわけでもないアプリやウェブサイトからの通知は、迷わず制御しましょう。おやすみモードなど、AndroidやiOSで一括もしくは詳細に通知機能のオン・オフを設定することができます。

特に重要ではないアプリからの通知は、効率アップのお邪魔虫になり得ます。Gmail、Android、iOSでも、主要フォルダ以外に振り分けられたメールの通知をオフにしたり、FacebookメッセンジャーやLineなど、スレッドをミュートにして読みたいときに読んだりすることができます。

4) アカウントを連携する

19011511techhacks5
Image: Gizmodo US

アカウントの連携をやっている人はどれほどいるでしょうか? たとえばFacebookのアカウントを使うことで、新規アカウント作成せずともアプリにログインできてわりと身近で便利な機能ですよね。でも、セキュリティ的にはしたくないし、すべきでもないんです。

いっぽうで、アカウント連携を積極的に活用すべきサービスもあります。たとえば、フィットネストラッカーのFitbitとスポーツ向けSNSのStravaを連携したり、複数のSNSアカウントで一括投稿できるIFTTTを使ったりするなど、うまく連携できるところもあることを覚えておきたいところです。

5) SNSアカウントを整理する

19011511techhacks6
Image: Gizmodo US

前述の「通知オフ」以外にも、誰にも邪魔されず作業に集中する方法はあります。ソーシャルメディアでフォローする人を厳選するのです。

正直、そんなことできたらやってるという人もいることでしょう。人間関係が複雑であるように、ソーシャルメディアならではのしがらみもあるはずです。でも、今年こそはSNSチェックに集中力を奪われたくないと決意した人ならば試してみる価値はありますよ。

特に気にならない人の近況をいちいちチェックするのは、絶対的に必要なタスクでもなければ、たいした息抜きにもなりません。もし、誰をフォローから外すか考えるのも面倒だという人は、一度ゼロにするという手もあります。

Facebookでは友人ステータスであり続けながらも近況を表示させない設定をカスタマイズすることも可能です。PCでサイトを開き「ニュースフィード」右隣にある3つの点から「設定を編集」から詳しく管理することができます。

6) 思い切ってすべてリセット・再起動する

19011511techhacks7
Image: Microsoft

新年を理由に、可能な限りすべてゼロから始め直してみるのはどうでしょう。OS全体、あるいはブラウザをリフレッシュしたら、どんなガジェットを使っていようと動作スピードが上がるはずです。ダウンロードしておいただけのアプリも放っておいていませんか?

新年を機に、以前紹介したWindows 10で不要なアプリを削除したり、Macをクリーンアップする方法を試してみるのもありです。ブラウザでもできますし、AndroidやiOSでもリセットするプロセスはそう複雑ではありません。

でも大切なデータのバックアップをとっておくことだけは、どうかお忘れなく。

7) スマートアシスタント活用の幅を広げる

19011511techhacks8
Image: Google

Amazon Echo、Google Homeなどスマートアシスタントをお持ちの方は、普段どのように使っていますか?

天気予報について聞くのも便利ですが、もちろんスマートアシスタントにできることはそれだけじゃありません。朝起きたらニュースを読み上げてもらったり、電気を点けたり…こうした日々の動作をひとつのコマンド、つまり一言の音声指示で実行させることができます。

Amazon Alexaのモバイルアプリをお使いの方は、メインメニュー左にある「定型アクション」をタップ。Google Homeモバイルアプリではプロフィールタブを開いて「設定」からアシスタントを選択し「ルーティーン」を追加することができます。

8) ショートカットキーを駆使する

19011511techhacks9
Photo: Alex Cranz/Gizmodo US

キーボードショートカットの効率の良さは、実際に使っている人にしか知り得ない世界でもあります。Windows 10の方はコチラ、Macユーザーが使えるショートカットキーはコチラの記事で紹介しています。

コピー&ペーストなど、基本的なものであれば使いこなしているという人は多数いるかもしれません。でも、たとえばクロームでCtrlまたはCommand+数字キーでタブ間を移動できるのはご存知でしょうか? また、文字をペーストする際に色やサイズごとコピーされていちいち直さなければならなかった面倒は、Ctrl(または Cmd)+Shift+Vで解決できます。文字のスタイルなしでペーストすることができるのです。そのほかにも、便利なショートカットキーはコチラの記事にまとめられています。

もっとショートカットを極めたくても、よく使うコマンドのキーボード/マウスショートカットが存在しない…という場合には、WindowsでもMacOSでも自分でつくっちゃいましょう

9) タイピングを自動化させる

19011511techhacks10
Image: Gizmodo US

キーボードについて触れたので、文章を打つ作業についても。もっと文字を打つスピードを上げたいという場合には、通常ほとんどのデバイスでショートカット機能が利用できるようになっています。文を自動入力させる方法のひとつはずばり、マクロを活用すること。

Macでは、システム環境設定から「キーボード」を開き、「ショートカット」タブを選択すると、メッセンジャー、メール、その他ドキュメント での文字入力を効率的に行なうためのマクロを作成することができます。

Windowsにはこうしたビルトインツールがないのですが、サードパーティ製でいうとAutoHotkeyなどもあります。Android や iOSでも同様のツールはいくつも存在するので、気になる人はぜひチェックしてみてください。それから昨年には、Gmailからも優秀な入力予測機能がでました。効率は気にしつつも、無礼はいやだからとメールの文面に悩みがちだった人には救世主的機能ではないでしょうか。

10) 動画・ポッドキャストの高速再生

19011511techhacks11
Image: Gizmodo US

1日24時間じゃ足りないってくらいに忙しい人は、動画やポッドキャストを高速再生させるのはいかがでしょう。もちろん、通常再生とは異なる質にはなりますが、効率性アップには繋がるはずです。

特に、そこまで重要ではないけど一応見ておきたいような動画ってたまにありませんか? WindowsやmacOSではVLC Media Playerで「再生速度(Playback speed)」のメニューからスピードを調整できるほか、YouTubeモバイルアプリでもメニューボタン(3つの点が目印)をタップすれば再生スピードを選択できます。

ポッドキャストの再生についてもOvercastやPocket Castsをはじめ、高速再生できるアプリは多くあります。Androidユーザーは、GoogleのPodcastsアプリの「1.0x」ボタンから活用してみてください。

11) メールのフィルターを強化する

19011511techhacks12
Image: Gizmodo US

どのクライアントでメールチェックをするにも、多くの場合「フィルター機能」はついていますよね。Gmailユーザーの方々には、コチラの記事で詳しいやり方がまとまっています。

でも、もっとも効率的なメール振り分けはというと、用途によってアカウントを使い分けること。たとえば仕事用、メルマガ用、家族や友人など親しい人との連絡用…というようにメールアドレスそのものを分けると色々とごちゃごちゃしていた受信ボックスがすっきりします。


効率よく作業が進んだときの達成感って、シンプルにスッキリ気持ちいいですよね。今回は11種類の小ワザを紹介しましたが、個人的にはもっとショートカットキーを極める1年にしようと決意しました! みなさんは、どの効率アップテクが気になりましたか?

    あわせて読みたい

    powered by