諦めないよ! 火星の眠り姫オポチュニティに新たな信号を送るNASA

  • 6,938

諦めないよ! 火星の眠り姫オポチュニティに新たな信号を送るNASA
Image: NASA/JPL/Cornell University

諦めないけど、でもそろそろ心の準備も必要かも……。

昨年夏に吹き荒れた、長期に渡る砂嵐のせいで、充電切れになってしまったと考えられている火星探査機オポチュニティ忍耐の丘の眠り姫を起こすべく、NASAは懸命に信号を送り続けていますが……1月で一旦そのミッションは終わらせるつもりでいました。

でもNASAはまだまだ望みを捨てず、新たな目覚まし信号を送ると言っているのだそうです。

故障機器は3カ所か?

すでに15年も運用をしているオポチュニティですが、NASAは彼女を起こすためさらに数週間、信号を送り続けることを決定。

彼らは3つの可能性を見い出しています。オポチュニティが持つ、プライマリーとセカンダリーのふたつあるX帯無線機、もしくは内部時計の3カ所のどれかに問題が起こっているのではないか?と考えられています。

NASAはそれについて「有り得そうではない」と思いつつも、チームはそこに希望を見い出し、無線機を予備機に切り替え、時計をリセットしてUHF(極超短波)を介して応答するコマンドなどを送ろうとしているのです。

「sweep and beep」

NASAのジェット推進研究所(JPL)でオポチュニティのプロジェクト・マネージャを務めるジョン・カーラス氏は、声明文の中で次のように述べています。

我々はこれまでも、そして今後も複数の方法で探査機への呼びかけを続けていきます。新しいコマンド戦略は、9月から送っている信号に追加する「sweep and beep」というものです

眠った原因

NASAは火星を覆った大規模な砂嵐のせいで探査機がバッテリーセーブモードに切り替わったものと考えています。そして太陽光パネルに砂埃が積もったために、発電をしないという考えも示しています。

しかしもういい加減、別の風でパネルの上は綺麗に吹き飛ばされていても良い頃だと思われるんですよね。

匙は投げないけど、諦めもある

火星はそろそろ寒い季節に入るようで、NASAの技術者たちは寒さで探査機のシステムとバッテリーがヤラれる前に何とかしようと必死で作業をしています。

オポチュニティ任務の主任捜査官であるスティーヴン・スクワイアーズ氏は、The New York Timesまだ希望があると語りました。しかし、彼はこう付け加えています。

もしかしたら、これで終わりかもしれません。その想定の下で作業をしていても、良い気分でいます。この気持ちに偽りはありません

火星のきんさん、ぎんさんみたいな探査機

今月、「マーズ・エクスプロレーション・ローバー」計画の一環として、双子の姉妹スピリットと共に火星にやって来たオポチュニティは、着陸15周年を迎えました。はじめ2機は90日間の運用予定期間の中で、火星にあるかもしれない水の痕跡を探す任務を帯びていました。ですが姉妹は予定期間より長生きし、スピリットは2011年に通信が回復せず運用終了。それまで貴重な科学的発見を続けてくれたのでした。

カーラス氏はこうも話しています。

火星の表面での15年は、素晴らしい探査機だけでなく、その背後にある献身的で才能あふれるチームが、赤い惑星で発見できる場所を押し広げたことを証明するものです。

しかしながら、現時点では探査機の状態がわからないので、この記念日は少しほろ苦い気持ちにさせられます。我々は全力をもってオポチュニティとの通信を続けますが、時間の経過と共に成功の確率は低くなっていくのです

まずはNASAの新たなコマンド作戦の成功を祈りつつ、でも予想外の長寿を全うすることを受け入れる、心の準備もしておきましょう。

Source: Jet Propulsion Laboratory (1, 2, 3, 4), The New York Times

    あわせて読みたい

    powered by