幻の『ブレードランナー』ポスターが37年越しの発売

  • 6,686

  • author Germain Lussier - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
幻の『ブレードランナー』ポスターが37年越しの発売
Image: Drew Struzan/Bottleneck Gallery via Gizmodo US

あのアートに歴史あり。

超有名映画のポスターを描き続けてきた伝説級のアーティスト、ドリュー・ストラザン氏。彼の作品は『スター・ウォーズ』シリーズや『インディー・ジョーンズ』シリーズに『ハリー・ポッター』シリーズなどなど、枚挙に暇がありません。

以前にも、彼が手掛けた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のポスターが、シルクスクリーン印刷で限定生産されたことがありましたよね。

そんなストラザン氏は、リドリー・スコット監督の名作映画『ブレードランナー』についても依頼を受けており、確かな腕前で手掛けてはいたのです。ただ、スタジオは別の作家ジョン・アーヴィンのアートワークを選び、日の目を見ることがないままお蔵入りになってしまいました。それから20年が経ち、リドリー・スコット監督から「再発売にあたり使うことは出来ないか?」と打診がありました。そこでストラザン氏は承諾するも少し手を加え、2007年の『ファイナル・カット版』に使われることとなったのでした。

それからまた12年ほど経った今、最初に描かれてから37年。ついにこの作品が、限定版のプリントで入手できるようになるようになりました。

190122_bladerunner2
Image: Drew Struzan/Bottleneck Gallery via Gizmodo US

このポスターは、ボトルネック・ギャラリーとストラザン氏、そしてクリエイテイヴ・デイレクターであるジャスティン・イシュマエル氏、Roxyシアターが提携し、1月20日まで135ドル(約1万4800円)、サイン入りで185ドル(約2万円)で発売されました。大きさは60cm x 90cmで、15色を使ったシルクスクリーン印刷となっています。これにはファンたちが飛びついたようで、残念ながら今では売り切れに……。

ストラザン氏は、本作について彼のサイトでこう綴っています。

私は1982年に、スタジオからの依頼でポスターのコンセプトを探し求めるべく、この作品に着手しました。そこでカンプ作品をひとつ、そして派生系をいくつか描きました。ですが最後には、彼らはこのデザインを使わず、イラストが未完成のままになっていたのでした。

2001年にリドリー・スコットがディレクター版を再発売するにあたり、82年に描いたスケッチを表紙に使って良いか尋ねられたのです。そこで、これはリドリーのお気に入りの作品だったことがわかりました。そこで私は、20年前の感じでカンプを仕上げるか、更新した作品にするかで、後者に決めたのでした。

そして2007年、待望のDVDが販売され、これがその表紙になりました

なるほど、公開時のポスターだけでなく、こっちも見憶えがある気ががするものの、そういう歴史があったのですね。ファンならやっぱり、どっちのポスターも欲しいですね。「ふたつで充分ですよ!」ってのは、ポスターのことでもあるんですね。

Source: John Alvin Art, BNG, Drew Struzan

あわせて読みたい

powered by