30年以上前のゲーム、初代『ゼルダの伝説』で新たな隠しマップが発見される

  • 42,282

  • author 岡本玄介
30年以上前のゲーム、初代『ゼルダの伝説』で新たな隠しマップが発見される
Image: SKELUX/YouTube

仕込まれたものなのか? それともバグなのか?

1986年に、ファミコンのディスクシステム用に発売されたゲーム『ゼルダの伝説』宮本茂さんが生んだ名作のひとつですよね。

我々はすでに攻略し尽くされているゲーム、という認識でいるのですが、BGRいわく、実はプログラムの裏には、私たちが知らない「マイナスの世界」が広がっている……というのです。

これは懐ゲーのデータを解析するのが好きなユーチューバー、SKELUXさんが見つけた裏側の世界みたいなステージ。彼は任天堂のプログラマーが隠していたであろう世界を、探し当ててしまったのです。

Video: SKELUX/YouTube

SKELUXさんによると、『ゼルダの伝説』はスタート地点に戻ることができるチート・コードがあることや、データ的にプレイできるマップがまだあるのではないかということを踏まえて、コードを解析することにしたそうです。

そこで見つけたマップが、「マイナス・ワールド」。

この世界にいる敵キャラはバグっており、岩や木々も素通りでき、何もしなくても隠れていた階段が現れたり、剣をくれる老人を攻撃できたりと、奇妙でちょっと不気味な世界が広がっています。さらに映像に映っていないほかのエリアは、墓石ばっかりなのだそうです。

どこもかしこもバグった感じですが、この世界は意図的にプログラムされたものなのか? それとも単純なバグなのか? 真相が気になってしまいますね。

Source: YouTube via BGR

あわせて読みたい

powered by