航空会社が、フライト予約の性別欄に「男性」「女性」以外のオプションを追加へ

航空会社が、フライト予約の性別欄に「男性」「女性」以外のオプションを追加へ
Image: Angel DiBilio / Shutterstock.com

時代に合わせた変化。

現在、アメリカにある航空会社の多くは、予約システムの性別欄でノンバイナリージェンダーの利用者が「男性」「女性」以外を選べるようシステムをアップデートしているところだと語っています。

ユナイテッド航空を有するユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスが、「性別欄では新たに"undisclosed(明らかにしていない)"のUと"Unspecified(特定されていない)"のを含む選択肢が用意されるようになる」と語ったと、Wall Street Journal(ウォール・ストリート・ジャーナル)は報じました。「Mr.」か「Ms.」に代わるものとして「Mx.」も追加され、同紙いわく、これらの変更は数週間のうちにユナイテッド航空の予約プラットフォームに反映されるとのこと。

先週、USA Todayはアメリカン航空、ユナイテッド航空、サウスウエスト航空そしてアラスカ航空などの航空会社で構成された団体のエアラインズ・フォー・アメリカと世界の航空会社で構成される業界団体の国際航空運送協会が「男性」か「女性」の選択肢に加えてノンバイナリーなオプションを認める提案を承認したばかりだと報じました。この新たな基準自体は6月初旬に施行されるものの、オプションの追加に伴う予約システムの改修は各航空会社に委ねられるとも報じています。

エアラインズ・フォー・アメリカはUSA Todayに対し、「アメリカの航空会社は職場と我々の乗客の双方においてダイバーシティ&インクルージョンの文化を重んじ、安全で確実、そして楽しいフライト体験をお届けしながらも、すべての旅行者のニーズを応えるため日々、一生懸命働いています」と声明で伝えています。

National Center for Transgender Equality(トランスジェンダーの平等の実現を目指す団体)はツイッターで、この動きを「ノンバイナリーの表現にとってとても大きな一歩」と評しました。

また、Wall Street Journalはアメリカン航空がもう1つのジェンダーを追加する「初期段階にいる」と報じました。アラスカ航空、ジェットブルー航空そしてサウスウエスト航空もまた、現在は各自の予約システムの変更を考えているところです。

現国際航空運送協会で元エアラインズ・フォー・アメリカのメンバーだったデルタ航空はUSA Todayに対し、ノンバイナリージェンダーの選択肢は予定しているものの、いつになるのか明確には述べませんでした。デルタ航空は声明の中で、その動きは「インクルージョンへの約束」の一環だと述べています。

2017年、オレゴン州は身分証明書の性別欄に第3の性別を認めた最初の州となりました。「男性」「女性」に加え、男女どちらでもない「X」の選択肢ができたのです。現在はカリフォルニア州、コロラド州、メイン州そしてワシントンD.C.も第3の姓別を選べるようになるなど、ジェンダーの選択肢を改める動きは広がりつつあります。

Source: Wall Street Journal, USA Today, Twitter, NBC

あわせて読みたい

powered by