スマホでの動画やゲームにバイザースクリーンという選択肢。「VISOR-X」がキャンペーン開始

  • lifehacker
  • machi-ya
  • author メディアジーンメディアコマース
スマホでの動画やゲームにバイザースクリーンという選択肢。「VISOR-X」がキャンペーン開始
image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]からの転載

Amazon PrimeビデオにNetflixやhulu。定額制動画ストリーミングは外出先でも自宅でも場所を選ばず楽しめますが、スマホの小さな画面で見るのはちょっと味気ない。でも、大型テレビを新調するにも場所や費用の確保が大変。

そんな悩みに、バイザー型スクリーンという選択肢はいかがでしょうか?一見するとVRゴーグルのような、でももっとお手軽に大画面体験ができるVISOR-X(バイザーエックス)のキャンペーンが開始されたのでご紹介します。

Video: VISOR-X /YouTube

スマホを大画面に変えてくれるヘッドマウント

visor-X_feather
image: machi-ya

VISOR-Xは一見するとOculusシリーズのようなVRゴーグルに見えますが、仕組みはとてもシンプルなバイザー投影型のパーソナルスクリーン。

VISORX_01
image: machi-ya
picturemessage_y5w5eim1.vbn
image: machi-ya

使い方はいたってシンプル。スマホをセットしバイザーを下ろすだけで100インチクラスの映像(2m距離換算)を楽しむことができます。機器自体が映像を出力するのではなく、スマホの画面をミラーで拡大して視聴する仕組み。そのため、電源などのコード接続は一切不要です

幅広い利用シーン

VISORX_03
image: machi-ya

またVISOR Xは顔を覆うタイプではなく、正面以外は開放状態。メガネをかけたままでもストレスなく使えるのも魅力的です。またヘッドマウントによってハンズフリーになるため、ソファーや寝室でのリラックスタイムからバスや新幹線での長時間移動などの際にも周りを気にせずドラマやアニメを自分だけで集中して楽しむこともできます。

VISORX_05
image: machi-ya

もちろん映像だけでなくスマホゲームにも対応。別途コントローラーは必要ですが、大人気のFPSゲームなどをより臨場感ある大画面で遊べちゃいます。

VISORX_06
image: machi-ya

また開放型で周りの状況も分かりやすいため、インストラクター動画を見ながらのヨガやエクササイズといったことも。

VISORX_07
image: machi-ya

その他、開放型のメリットはFPV(一人称視点)に対応したドローンでも活かすことができます。一般的なVRゴーグルは目全体を覆ってしまうため没入感は高めですが周辺状況を確認することが難しいのが難点。一方、開放型のVISOR-Xであれば少し目線を変えたりバイザーを上げるだけで容易に周囲が確認ができるため安全にも配慮することが可能です。

長時間利用でも疲れない構造

VISORX_08
image: machi-ya

人間工学に基づいた設計と255gという軽さによって、首への負担は大幅に低減。スクリーン面もスマホを直接見続けるのに比べて目の疲れを軽減する構造になっています。

VISORX_09
image: machi-ya

4.7~6.0インチのスマホに対応しており、カラーはピンク、ホワイト、ブラックの3色展開。複雑な電子機器でないため、設定や故障に悩まず手軽に試せるのがいいですね。スマホでの動画視聴をちょっとグレードアップしたい方には試してみる価値があるプロダクトではないでしょうか。


この「VISOR-X」は、現在クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、先着30個が30%オフの4,550円(送料込)からオーダー可能となっています。気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

>>「VISOR-X(バイザーエックス)」の支援はこちらから

Source: machi-ya

あわせて読みたい