磁力でピョンピョン跳ねて動く、重さ1mgの極小4脚ロボ

  • 6,162

  • author 岡本玄介
磁力でピョンピョン跳ねて動く、重さ1mgの極小4脚ロボ
Image: IEEE SPECTRUM via University of Maryland

アリの頭よりちっちゃい!

メリーランド大学の機械工学科にて、3Dプリンターで印刷した極小ロボットの研究が行なわれています。どれだけ小さいかというと、その寸法はわずか2.5mm×1.6mm×0.7mmで、重さはたったの1mgという軽さ。

hackster.ioによりますと、これはあまりに小さいので電子機器やモーター類はを搭載できないため、本体には磁石が埋め込まれており、外からの磁力で操作するのだそうです。

Video: IEEE Spectrum/YouTube

4脚ロボというと、ボストン・ダイナミクスの「SpotMini」を想い起こしてしまいますが、脚の数以外はまったくの別物です。

速い?遅い? 秒速15等身

IEEE SPECTRUMいわく、このロボットの速度は、1秒間に本体15個分の距離を移動できるとのこと。つまり秒速37.3mmという計算になります。

クルっと巻いた脚を高速回転させることで、ピョンピョン跳ねる動きはちょっとカワイいですね。磁力の使い方でヨタヨタ歩いたり、ピョンピョン跳ねたり、馬がパカパカ歩くようなトロット歩行なども制御できるそうです。

ちなみに脚を100万回クルクルさせるテストにて、その耐久性を証明。現在のところ、このサイズで世界最速ロボのひとつなんですって。

開発の目的

それは極小スケールでの脚の動きを理解することと、アリの走り方の物理的な計算モデルを手に入れること。この研究を下地にして、今後はこうしたサイズ感の自律ロボットなどの研究開発に活かしていくそうです。

自律ロボットになったら、どんな活躍をするのか楽しみですね。

Source: YouTube via hackster.io via IEEE SPECTRUM

    あわせて読みたい

    powered by