ベゾスがアマゾンを始めた家、買えます

  • 5,953

ベゾスがアマゾンを始めた家、買えます
Image: John L. Scott Real Estate

ドアデスクを手づくりした伝説の家。

シアトルの高級住宅街ウェスト・ベルビューで旧ベゾス邸が売りに出されました。気になるお値段は150万ドル(約1億6600万円)。頭金30万ドル(約3300万円)払って、年収もそれと同じぐらいあれば買えますよ。

地価も邸宅もアップグレード

最近ようやく落ち着いてきましてけど、シアトルはAmazon景気で住宅の地価高騰が本当にクレイジーでした。ここもベゾスが住んでいた当時はわずか13万5000ドル(約1500万円弱)だったのが、1998年に売却されたときには18万2000ドル(今の物価で28万1000ドル=約3100万円) 、2009年には62万ドル(今の物価で72万ドル=約8000万円弱)で、今回はその2倍! それでも一帯の中間相場200万ドルよりは低めなのだとSeattle Timesは報じています。

「ベゾス氏が引っ越して何年も経ってから2001年に屋根とバスルームは改装」(同紙)し、ガレージもリモデルしたそうなので、原型はほぼ留めていませんが、Amazonがまだオンライン書店だったころの巨大な郵便受けはそのまま残っています。「社員が自慢の種に飛びつきそうだ」と不動産屋さんは期待していますけど、これまで住んでいた人がベゾス邸とは知らずに売ったみたい。面白いですね。

DIYドアデスクから世界一の大富豪へ

ここのガレージで会社をやっていたのは本当に短期間でした。当時はまだ親の貯金を切り崩して起業したばかりで贅沢はできなかったので、安物ドアと角材を買ってきて、キンコンカンコンやってデスクを2つ手作りして使っていました。第2のオフィスがあった場所もしょぼくて、「質屋、ヘロインの注射針の店、ポルノパーラー」と軒を並べる一角で、ドアデスクを並べて細々とネットで本を売っていたのです。

それが今では労組絶対阻止でワシントン州に2694平米の豪邸を構え、ビバリーヒルズに2軒、NYマンハッタンのアッパーウェストサイドにコンドミニアム4軒、テキサスの大牧場を所有。ワシントンD.C.では元織物博物館をドッカーンと買って首都最大のセカンドハウスに改装するというもっぱらの評判です。四半世紀もあればドアデスクからそこまで飛翔できるものなのね…。

Source: Seattle Times, CNBC,

    あわせて読みたい

    powered by