【ダイバーシティ】車椅子と義足のバービー人形が発売される

  • author 中川真知子
【ダイバーシティ】車椅子と義足のバービー人形が発売される

あなたもわたしもバービーに親近感。

子供の頃(80年代)に山ほどバービー人形を所持していましたが、私は一度たりともバービーちゃんに親近感を沸いたことがありませんでした。だって、スタイル抜群でとんでもない美女でしょう。当たり前なんですが、平らな顔族で糸目でガイコツと呼ばれるほどガリガリだった幼少期の私は、バービーちゃんに憧れはすれど将来の自分を投影することはできませんでした。

でも、最近のバービーちゃんって違うんですね。ダイバーシティを重んじるので、いろんなタイプが登場しているんです。今回も、バービー誕生60周年を記念して「車椅子にのったバービー」と、足の取り外しが可能な「義足のバービー」が登場するんですって。

190215barbie

登場するのは車椅子と義足に限らず、ブレイドヘアーいろんな体型の人形も発売されるそうです。Mattel社のバービーデザインの副社長であるKim Culmoneさんによると、ダイバーシティ・バービーは顧客の要求が増えてきたからだそうです。

「車椅子に乗った人形と、身体的障害を代表する人形を発表します。車椅子、もしくは車椅子の人形は私たちの消費者からもっともリクエストされていたアイテムのひとつです。消費者の声を聞くことは重要です」

平等を訴える慈善団体のScopeの広報責任者であるフィル・タルボット氏は、世界的に有名なおもちゃがダイバーシティで包括的な取り組みに喜びのコメントをしています。

「世界でもっとも象徴的な玩具会社が障害を受け入れ、採用してくれたことは素晴らしいことです。障害をもつ子供も親近感の湧く玩具で遊ぶ機会を持つべきです。より多くのメーカーが賛同して「障害のゲームチェンジャー」になってくれることを望みます。」

190215becky

実はMattel社は車椅子のバービー人形を販売するのはこれが初めてではありません。97年に、バービーちゃんの友達として車椅子のベッキーちゃんという人形が発売されました。しかし発売後、彼女の乗る車椅子がバービーちゃんのバービーハウスに入らないという問題が発覚し、苦情が相次いだのです。

今考えてみると、バリアフリーじゃない家というのは、むしろリアルな設定だと思いますが(実際多くの家がバリアフリーではないですし)、ベッキーちゃんが障害やインクルーシブへの啓蒙的意味をもって生まれたキャラクターだったために、配慮が足りないとバッシングされ、結局2017年にディスコンになってしまいました。

バービー界隈では結構話題になったことなので、今回の車椅子バービーちゃんはバービーハウスのバリアフリー問題をクリアしたサイズになっているのでしょう。またひとつバービーちゃんの魅力が増しましたね。

日本では車椅子バービーちゃんのみ発売。具体的な発売日は未定だそうです。

Source: Express PRI

    あわせて読みたい

    powered by