Chrome OSにバグ:CPU状況をチェックすると使用率100%に

  • author Rhett Jones - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
Chrome OSにバグ:CPU状況をチェックすると使用率100%に
Image: Google Android

タスクマネージャーが大好きなバグのようです。

Chrome OSユーザーが、最新バージョンのOSに潜む厄介なバグを報告しています。最新のアップデートの中には、CPU使用率を50〜100%の容量にまで急上昇させるものがあります。ですが面白いことに、開発者はそれがタスクマネージャーでCPU使用率をチェックすることに、関連しているかもしれないと信じているのだそうな。

バグの居所とその影響

この問題は、OSのVer.72かそれより新しいベータ版と開発版アップデートを使っている場合にのみ影響が確認されています。

公式Chromium blogredditに立ったいくつものスレッドでは、Chrome OSで走るPixelbookPixel Slateを使っている人々からの苦情が書き込まれ、Chrome OSが高いCPU使用率を占領することで、オーバーヒート充電の急激な減りが起こっているとのことです

190220_chromebug2
Image: Reddit

意見が飛び交う

Googleは米Gizmodoの質問に答えてくれませんが、Chromium開発者はバグ報告の中でこの問題を認めています。コメントを投稿した人の推測では、問題の根本にAndroid Pieが含まれることを突き止めました。

しかし人々の間では、タスクマネージャーを閉じると問題が解決するという共通認識が芽生えてきているようです。そして、とあるユーザーはAndroidをサポートしていないゲストモードでChromeを実行すると、CPU使用率が通常に戻ると報告しています。また、とあるChromium開発者は、確信を感じつつ「タスクマネージャーの問題がここでの主な問題である」と人々からの反応を呼びかけた書き込みもありました。

次のアプデまで待とう

一部の人たちにはアタマの痛い問題かもしれませんが、近々このバグを直すアップデートが来ることと思われます。もしChrome OSユーザーであれば、そのアップデートが発表されるまでは、バグのあるVer.72に更新するのはやめておきましょう。

Source: Chromium, Chrome Unboxed, Android Police (1, 2), reddit (1, 2, 3)

    あわせて読みたい

    powered by