ファンシー異世界に転生できそう。ニコンの巨砲レンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」 #CPPLUS

  • 8,252

  • author 武者良太
ファンシー異世界に転生できそう。ニコンの巨砲レンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」 #CPPLUS
Photo: 武者良太

あまーく、とろーりとトロけるボケはほんと異世界モノ。

ニコンZシリーズを選んだ諸氏だけではなく、他マウントのオーナーも気になる存在が「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」でしょう。

人間の目はf/1.0の明るさを持つと言われていますが、ならばコイツは人間の目以上の光を集めることができる超越者EYE。まずはその外観から見ていきましょうか。

IMG_3203
Photo: 武者良太

でかっ。長っ。

大口径マウントのニコンZシリーズですが、そこからさらにワイドな径です。そして200mm f/2.8クラスの長さもあります。

58mmという標準レンズ枠の中では、もっとも巨砲なレンズとなるのではないでしょうか。

このサンプル機は肩乗せTVカメラが使うような大型の三脚、雲台で支えられており、カメラボディ&レンズの状態でもつことはできませんでした。けど、これはどっしりと重いはず。

IMG_3201
Photo: 武者良太

フォーカスはマニュアル。薄すぎる被写界深度に恐れを抱いてしまいがちな存在ですが、ニコンZシリーズの見やすいピーキング表示と、幅広で適度な重みがあるピントリングのおかげで、狙った場所にバシシとフォーカスを合わせられます。操作しやすいわー。

IMG_3207
Photo: 武者良太

肝心の開放時のボケですが、The クリーミー! 露出オーバー目にしてみたら、展示会場がファンシーな異世界になったかのよう。点光源でも輪郭はさほど目立ちません。

流石に完全な玉ボケとはならず、外周部はレモン型になりがちなんですけどね。これはしゃーない。

合従部分はキリッとシャープ。カリカリというほどではありません。でもいいバランス。カリカリ〜ボケボケの境目のグラデーションが極端すぎると違和感ありますし、そもそもこの明るさのレンズを求める方は味わい重視な気がする!

    あわせて読みたい

    powered by