撮りたいものに迷いがない。モビルアーマー感全開オリンパス「E-M1X」#CPPLUS

  • 5,546

  • author 照沼健太
撮りたいものに迷いがない。モビルアーマー感全開オリンパス「E-M1X」#CPPLUS
Photo: 照沼健太

モビルアーマーみたい。いや、フルアーマー「E-M1 Mark II」か?

CP+ 2019会場のオリンパスブースにて、2月下旬に発売されたばかりの「OM-D E-M1X」を触りました。

_DSC7334
Photo: 照沼健太

いわゆるバッテリーグリップ付きのそのスクエアな形状は、まさにフラッグシップ機の貫禄にあふれています。

しかしオリンパスブースのスタッフによると「E-M1 Mark II」との「ダブルフラッグシップ」という扱いになるのだとか。 Xという型番が示す通り、モータースポーツや鉄道、野鳥などのエクストリームな用途に用いる場合は、こちらの「E-M1X」をセレクトすることになりそうです。

_DSC7346
Photo: 照沼健太

その見た目に反し、持ってみると想像よりもずっしりとした感じはなく、パワフルなフォトグラファーでなくともブンブン振り回せそう。

バッテリーは2個搭載できますが、必ずしも2つ入れる必要はありません。バッテリーを1つだけにすればその分駆動時間は減りますが、より軽快に扱えます。当たり前のことではあるのですが、なんか中二心をくすぐりませんか?

AE/AF固定での最高約60コマ/秒高速連写や、手持ち撮影で8枚の写真を合成し超高解像画像を生成する「三脚ハイレゾショット」など、エクストリームなカメラをサポートする機能は全部盛りどころか120%盛りです。

_DSC7354
Photo: 照沼健太

また、マイクロフォーサーズのオリンパス機だからこそのメリットが、レンズのコンパクトさ。 特にスポーツや野鳥などの撮影に重宝される望遠ズームレンズを、できるだけ軽量コンパクトに収められるのは、エクストリームなユーザーには嬉しいところではないでしょうか。

上の写真の中央にそびえ立つレンズ、これなんと35mm換算で600mmまで伸びちゃいます。フルサイズで600mmのレンズなんて、こんなレベルじゃありません。ちょっとした大砲になってしまいますからね。

_R290006
Photo: 照沼健太

そして、今回気になったのは「顔認識? 瞳AF? 必要ねぇ~!」という、“人よりメカ”なハードコアユーザー向け(?)な「インテリジェント被写体認識AF」。

ディープラーニングテクノロジーを活用し、モータースポーツ、鉄道、飛行機を認識して高精度なAFを実現する技術なのですが、驚くべきはそのチューニング。「鉄道なら運転席」「モータースポーツならドライバーのヘルメット」「飛行機ならコックピット」といった、まさに「そこ!」というコアなポイントを追尾するんです。

こんな盛り盛りな機種の割にはなぜかEVFのクオリティーが低く、数世代前の印象なのだけはどうしても気になりますが、逆に哲学を感じる気もしてくるの不思議。

ほとんどの人には無縁のカメラだと思います。しかし、迷いなく一点を追求する。そんな撮りたいものが定まっているカメラユーザーにとっては最高の相棒となってくれそうなカメラだと感じました。

    あわせて読みたい

    powered by