バッテリー18,000mAhのスマホ、文庫本かなって

  • 18,136

  • author ヤマダユウス型
バッテリー18,000mAhのスマホ、文庫本かなって

スタミナとスマートさはトレードオフって、よくわかった。

電池で大きなシェアもつEnergizer(エナジャイザー)社は、たまにスマホも作ってます。昨年は18:9の縦長ディスプレイスマホ「Power Max P600s」をリリースしてまして、今年も最新機を発表してきましたよ。

その名は「Power Max P18K Pop」。そのスマホの写真はどこかって? やだなぁ、もう見てるじゃないですか。え、記事トップの写真はどこぞのモバイルバッテリーだろって? HAHAHA、お上手なんだから〜。

HAHAHA……。

マジなんだよなぁ……。

Power Max P18K Popは、18,000mAhのバッテリーをもつ、厚み約18mm/重さ約450gの重量級スマホ。そのバッテリー容量はiPhone XS MAXの5倍以上! Energizerによると、2日間動画を見続けたり、100時間音楽を聞いたり、90時間電話することができるらしいですよ。そして待機時間は50日にもなるそうな。ガラケー並みだぁ。

スペックはAndroid 9.0、2GHzのプロセッサー、6GBのRAM、三眼カメラ&ポップアップ二眼インカメ。見た目はこんなんですが、耐衝撃性や防水性は特になし。6.2インチのディスプレイといい、超大型巨人並のバッテリーを除けば凡庸なスペックです。そのバッテリーのクセが強すぎるんや。

スマートさよりも電池メーカーのイズムを優先してきたPower Max P18K Popは、約7万6000円で2019年6月頃に販売予定。アウトドア向けにワンチャンありそうな、でも防水ないしなぁ。何か光るものを感じる一台です。

Source: MacRumors, COMPUTER BILD TV

    あわせて読みたい

    powered by