FacebookのMessenger、メッセージを削除できるようになりました!

  • 12,984

  • author Rhett Jones - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
FacebookのMessenger、メッセージを削除できるようになりました!
Image: Justin Sullivan / Getty Images News

サーバーから完全に消えるまで少々時間はかかりますが。

昨年4月のこと、Facebook(フェイスブック)のCEOであるマーク・ザッカーバーグが、自分の管理職権限を使用してメッセンジャー・アプリで送信した自分のメッセージを削除していたことが明らかになりました。彼は2010年まで遡り、Facebook以外の従業員に送信されたメッセージを含む、彼自身のメッセージの一部を未送信にしていたのでした。

普通のユーザーには、そんな機能はありません。ですがこの騒動のあと、Facebookは私たちにも似た削除機能を実装させると話すようになりました。それに当時Facebookの広報担当者は、米Gizmodoに対し、この機能が完成するまで、「幹部がメッセージを削除することはない」とも語っていました。

一応実装した

そして2月5日(火)、FacebookはAndroidとiOS向けに、新しく削除するオプションが利用可能になったと発表しました。そして今、メッセンジャーで送ったメッセージを長押しすると、「削除」という項目が出るようになり、実際に消せるようになりました。

使い方は、削除したいメッセージをタップし、送信後10分以内に削除すれば良いのです。米Gizmodoは2機のiPhoneで試してみましたが、この機能は利用が出来なかったのだそうです。Facebookの広報いわく、今はまだAppstoreアップデートが出回っている最中なので、少し時間が経ってからまた試して欲しいとのことでした。


190206_facebook
Image: ギズモード・ジャパン


ちなみにギズモード・ジャパン編集部でも試してみたところ、上の画像のようにちゃんと実装されていることが確認できました。相手のユーザーから見ても、「〇〇さんがメッセージを削除しました」と表示され、削除されたメッセージは見られなくなります。でも、最も重要なのは、消したメッセージはFacebookのサーバーには残っているということです。

もともと、メッセンジャーには、時限的に消える「秘密のスレッド」機能もありますが、これは個人間でのチャットでのみ有効になるものでした。

サーバーから削除されるのは時間がかかる

昨年の削除騒動のとき、マーク・ザッカーバーグには10分の制限はありませんでした。今回の機能は、Facebookの幹部にも「ユーザーと同じ10分の制限が課せられるのか?」をFacebookに尋ねてみたところ、「Facebookの従業員含むすべてのユーザーに10分の制限が適用」され、また「削除したメッセージは永遠にサーバーからも消される」との答えが返ってきました。しかしながら、虐待などの証拠として提示できるよう「限られた期間」だけ保管することを教えてくれたのでした。


Facebookは、サーバーからのメッセージの削除を適切に処理しているように見えますが…ユーザーが自分の発言を好きなときに削除できないのは、ややおかしな気がしないでもありません。 前言撤回をさせてくれないソーシャルネットワークって、何なんでしょうね?


Source: Facebook via TechCrunch

あわせて読みたい

powered by