Amazonの偽レビューを禁じろ! 連邦取引委員会が初めて対応に乗り出す

  • 5,163

Amazonの偽レビューを禁じろ! 連邦取引委員会が初めて対応に乗り出す
Image: David McNew/Getty

「レビュー」は信じたいですよね。

アメリカのネットショッピング史上初めて、連邦取引委員会(FTC)が偽レビューの対応に乗り出してきました。これは、ユーザー=消費者にとっていかにレビューが重要かということがよくわかる歴史的措置と言っていいでしょう。

FTCを動かしたのは、とあるダイエットサプリ

今回、FTCが対応に乗りだしたのは、ガルシニアカンボジアのエキスを含むダイエットサプリを取り扱う会社Cure Encapsulations。ガルシニアカンボジアのエキスには減量効果があるとうたっていますが、それを裏づける科学的な証拠はありません。一方で、(希にですが)肝不全を引き起こす可能性が指摘されており、アメリカ食品医薬品局が注意喚起を行なっていました。

ダイエット食品、健康食品にはこういうことが時にあり、ゆえに「個人差があります」など効果をぼんやーりさせておくのが常。「脂肪がつくのをブロックする」という直接的な表現はしたものの、FTCが措置を講じるとは、Cure Encapsulationsは数ある健康食品系他社と何が違ったのでしょう。

決定的なのは、Cure Encapsulationsの社長Naftula Jacobowitz氏は金銭を支払いAmazonに偽レビューを投稿していたこと。「amazonverifiedreviews.com」という専用サイトにお金を支払い、評価4.3を叩き出すほど高レビューを投稿させていたのです。

Amazonもうんざりしてた常習犯

FTCが対応に乗り出す以前から、Jacobowitz氏はすでに似たような別件で訴えられた過去があります。2016年、あるAmazon出品者が、偽のネガティブレビューを投稿&Amazonに偽のクレームをいれられたことで損害を被ったとして、Jacobowitz氏を訴えています(同年9月に禁止命令がでて、この件は解決済)。

Amazon自身も、無法地帯ともいえる乱暴レビューに対して、ここ数年法的措置に乗り出していました。しかし、FTCまで動いたのは今回が初めて。米Gizmodoの取材に対して、Amazon担当者はこう回答。「この問題に関して、FTCの介入は大歓迎です。Amazonはレビューの誠実さを守るため大きなリソースを割いています。それは、消費者が、購入者の経験や考えに価値をおいているとわかっているからです」「たった1つの不正確なレビューですら不要なのです」。

レビューが重要だからこそ

本件を担当するニューヨーク州東部地方裁判所にFTCが求めるのは、Cure Encapsulationsに対して1280万ドル(約14億円)の罰金、人間での臨床試験における科学的根拠のない製品におけるダイエット、食欲抑制、脂肪カットなどの主張の禁止、顧客への通知、偽レビューの特定。

Pew Researchのある調査によれば、アメリカ人の多くはオンラインレビューをチェックすることはあるものの、レビューを信用しているのは半数ほどという話もあります。それでもFTCが法的訴えにでたということは、ネットレビューには大きな力&役割があるということではないでしょうか。さて、Amazon偽レビューを、法はどう裁くのか…。

Source: FTC

    あわせて読みたい

    powered by