Apple MusicをWebから再生する便利なサービスがあるみたい

  • 7,538

  • author David Nield - Gizmodo US
  • [原文]
  • はらいさん
Apple MusicをWebから再生する便利なサービスがあるみたい
Image: Gizmodo US

便利なサービスはどんどん使うべき。

AppleはWebアプリではあまり知られた存在ではありませんが、iCloud on the Webにアクセスすることによって様々な機能が使用可能です(メール、カレンダー、写真や連絡先など)。しかし、その中にApple Musicは含まれていません。でも、AppleはAPIを作成してプログラマーに提供をしているので、現在Apple Musicを再生するためのサードパーティ製Webサービスが複数存在しています。

iOSデバイスから等ではなく、Web上からプレイリストや曲にアクセスするメリットはいくつかあります(Spotifyも)。たとえば、自分のじゃなくても職場や友人のPCからアクセスして音楽を聴くことができます。さらに、GoogleのChromebookからも利用が可能です。

これからApple Musicが使える2つのサードパーティ製のサービスを紹介します。

1. Musish

まずは初心者に最適なWebプレイヤー「Musish」から(私は9to5Macのサイトを通してこのサービスを発見)。もしも、iTunesでApple Musicを使ったことがあるユーザーは似たようなデザインだと感じるでしょう。とても広い白いスペース、そして美しく洗練されたデザイン。さらに、ミニプレイヤーも左下に表示されます。このアプリはオープンソースでこちらからコードの確認できます。

For You(レコメンド)、Browse(見つける)、Radioは左上に表示されます。APIの制限があるため、Radio機能はまだ十分とは言えません。Searchは右上に表示されます(曲、アルバム、アーティスト、プレイリストを探すための機能です)。さらに、iCloud Musicを使っている場合は、プレイリストが同期され左側の欄に表示されます。

mb5xtehmsng2o6ew2prs
Image: Gizmodo US

アーティストページ、プレイリスト、検索結果はフルスクリーンで表示されます。アルバムまたは曲をクリックするとポップアップウィンドウが表示され、1クリックで音楽を楽しむことができます。さらに音量調整、シャッフル、リピート等がすべてミニプレイヤーで操作可能です。

このミニプレイヤーは他にもcoming up next(次はこちら)や歌詞表示機能に対応しています。サードパーティ製とはいえども、とても効率的に機能し、充実した体験が味わえます。

一つ惜しいポイントと言えば、プレイリストの管理機能です。お気に入りのプレイリストを表示する機能はありますが、新しくプレイリストを作成することはできません(私が見るかぎり)。プレイリストに新しい曲、アルバム、アーテストの追加を行うのも容易ではありません。自分のライブラリから曲やアルバムをドラッグしてすでに作成済みのプレイリストに追加することは可能です。しかし、“プレイリストに追加”の表示がどこにも見つかりません...。

wmphbh3bixxidllk6e3i
Image: Gizmodo US

想像している方もいると思いますが、このサービスはいくつかの機能が不足しています。それはiTunesには存在するAirPlayやスマート・プレイリストの機能です。残念ながらそれらの設定やカスタマイズをすることは現状ではできません。しかし、Musishにはすでにいくつもの優れた機能が含まれており、サービスはどんどん良くなっています。Appleはサードパーティ製のアプリを歓迎していて、引き続き続けて欲しいと思っていることでしょう。

2. Apple Music Player

2つ目のサードパーティ製Webサービスは Apple Music Playerです。MusishがApple Music Playerに登場する前まではMusishほど簡単そうには見えず、機能も同じでした。画面下に表示される横長の再生ボタンがSpotifyと似ています(私は先ほどのミニプレイヤーと同じくらい気に入っています)。こちらのアプリもオープンソースになっています。こちらからコードを確認することができます。

Musishと同じようにFor YouBrowse(見つける)は画面の左上に表示されます。しかし、Radioにはアクセスができません(APIがまだアクセスを許可していないため)。Search(探す)は同じく左上に表示され、使いやすい仕様になっています。もしもiCloud ミュージックライブラリを使っているのであれば、Apple Musicのライブラリとの楽曲を分けて検索することも可能です。

wacgdhhnf3xod7rplxa0
Image: Gizmodo US

画面上にはポップアップウィンドウが表示されません。すべてブラウジングウィンドウに集約されているのも特徴です。

Apple Music Playerは新しいプレイリストの作成及びプレイリストへの曲やアルバムの追加ができません。もしも、iCloud ミュージックプレイヤーと同期している場合は、メニュー左下にマイプレイリストが表示されます。

さらに、歯車のアイコンをクリックすると高音質(256 kbps)または標準(64 kbps)を選択することができます(通信制限が気になるユーザーには便利な機能です)。

l32dokogizhf2ssu4zce
Image: Gizmodo US

Musishほどの洗練されたデザインには及ばなくても、ポップアップウィンドウが表示されないことにより、簡単に使うことができるでしょう。MusishApple Music Playerも使用する上で問題は特にありません(Apple Musicは同時に複数のデバイスで音楽を再生すると注意画面が表示されるようです)。

残念ながらこれらのサービスはオフライン再生には対応していません。しかし、Apple Music ユーザーであればブックマークに登録しておく価値があると言えます(iTunesよりも読み込みが速い点も大きなポイントでしょう)。

    あわせて読みたい

    powered by