「折りたたみスマホ」だけじゃない! Huaweiが発表した新製品まとめ

  • 22,585

  • author 山本勇磨
「折りたたみスマホ」だけじゃない! Huaweiが発表した新製品まとめ
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US, Huawei Mobile/YouTube

アジア2大メーカーから、折りたたみ出揃いました。

2月24日22時(日本時間)から中国のHuawei(ファーウェイ)が製品発表会を行ないました。この記事では、発表会でアナウンスされた製品にフォーカスを当ててまとめます。発表会の全体はこちらで翻訳していますので、どうぞ。

Mate X:Huawei初の折りたたみスマホ

rzw05cyuvvgmcz0ikhhm
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

Huaweiからも折りたたみスマホがでました。価格は2,299ユーロ(約29万円)。2019年半ばには登場予定です。

折りたたみスマホといえば、数日前にSamsungが「Galaxy Fold」を発表しました。違いとしては、Galaxy Foldが谷折りだったのに対して、Huawei Mate Xは山折りです!

どっちが気になる? サムスンとファーウェイの折りたたみスマホの違いをざっくり比較

どっちがいいの?の答えは出ないと思うけど、まずはこれらがどんな端末なのか? 現時点で手に届きそうな2大折りたたみスマホをざっくりと比較してみましょ...

https://www.gizmodo.jp/2019/02/samsung-huawei.html


スクリーンショット2019-02-2422.37.42(2)
Image: Huawei Mobile/YouTube

開くと8インチ(2,480×2,200px)の1枚板。

折ると6.6インチ(2,480×1,148px)。

裏は6.38インチ(2,480×892px)です。

ikltaux3b3kudvn4rayb
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

広げると、カメラが内蔵されている所だけ厚くなっています。Kindle Oasisみたいね。

折りたたみスマホ、ディプレイの折り目って歪まないの?

たぶんみんな気になってると思う。うん、僕も気になっています。だって、きっと今この記事を見てくれているスマホの画面が、2つに折れて開くやつがでる、っ...

https://www.gizmodo.jp/2019/02/huawei-mate-x-3.html


image
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

そのカメラは、おなじみドイツの名ブランドLeica(ライカ)と共同開発したもので、40MPの広角レンズ16MPの超広角レンズ8MPの望遠レンズの3カメラ構成。

自撮り用のフロントカメラはありません。だって折り曲がって、プレビューできるから。また、Mate Xは5G通信(スタンドアロン、非スタンドアロン)にも対応します。イヤホンジャックはありません。

ファーウェイの折りたたみスマホ「Mate X」は、初代端末としてはまあまあの出来

値段ははりますけどね。Samsung(サムスン)が2000ドルもするGalaxy Foldを発表して、つい最近みんなを驚愕させましたが、MWC 2...

https://www.gizmodo.jp/2019/02/huawei-mate-x-4.html

以下、スペックです。

mate-x-dimage-0223-en
Image: HUAWEI Global

CPU:HiSilicon Kirin 980

サイズ

(開いたとき)幅 146.2×高さ 161.3×厚さ 11.0mm(最薄部で5.5mm)

(閉じたとき)幅 78.3×高さ 161.3×厚さ 11.0mm

重量:295g

ディスプレイ

(開いたとき)8インチ、2,480×2,200px

(閉じたとき表)6.6インチ、2,480×1,148px

(閉じたとき裏)6.38インチ、2,480×892px

メモリ:8GB

ストレージ:512GB(最大256GBのNM cardに対応)

カメラ:Leica トリプルカメラ

40メガピクセル(広角)

16メガピクセル(超広角)

8メガピクセル(望遠)

バッテリー:4,500mAh(55W充電対応)

カラー :インターステラー・ブルー

MateBook X Pro:フラッグシップのノートPCもアプデ

xwzixcduubxgex6eergh
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

2018年春に発表された「MateBook X Pro」も、2019年モデルにアップデートされました。ディスプレイの品質、外部ポート類などはほとんど変わっておらず、少しだけCPUとグラフィックス性能が良くなりました。

一番大きな変更点は、背面からHuaweiのロゴがなくなったことでしょうか。花びらのロゴがなくなり、シンプルに「HUAWEI」刻印だけになりました。またスペースグレーに加えて、今回はミスティックシルバーも登場。

スクリーンショット2019-02-2422.23.00(2)
Image: Huawei Mobile/YouTube

PCとスマホのファイルシェア機能「Huawei Share OneHop」も登場しました。これは一言でいうとHuawei版AirDropです。Share OneHop対応のPCにスマートフォンをかざすと、画像やテキストがスマホ→PCへ移動します。PC→スマホへの転送も可能です。

以下、MateBook X Proのスペックです。

ディスプレイ:13.9インチ、3:2、3,000×2,000px、260 PPI、タッチ対応

大きさ:幅 303×奥行 217×厚み 14.4mm

重量:1.32㎏

CPU:Intel Core i5 8265U、Intel Core i7 8565U(第8世代)

GPU:Intel UHD Graphics 620、NVIDIA GeForce MX250 with 2GB GDDR5

ストレージ:256GB、512GB(NVMe PCIe SSD)

メモリ:8GB、16GB(LPDDR3 2133MHz)

外部ポート:イヤホンジャック、USB-C x 2、Thunderbolt 3 x 1、USB-A 3.0 x 1

カラー:スペースグレイ、ミスティックシルバー

MateBook 14:フラッグシップの弟くん

image(1)
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

今年の1月に登場したMateBook 13に早くもバリエーションが登場。MateBook 14は、その名のとおり14インチのディスプレイを搭載。解像度は2,160×1,440pxです。

ukdl30a2evglgovx4flp
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US
左がMateBook X Pro、右がMateBook 14

意外なことに、MateBook 14のCPUやグラフィックスは、MateBook X Proと共通しています。ディスプレイサイズも13.9インチと14インチ(どちらも3:2)と近いことから、MateBook X ProとMateBook 14は兄弟みたいな存在です。違いとしては、本体がやや分厚く、重いということ。

こちらもHuawei Share OneHopに対応します。

ファーウェイ新型ラップトップ「MateBook X Pro」「MateBook 14」ハンズオン:売れすぎPCにお手頃版が登場

最新GPUも搭載、より頼もしい1台に。Huawei(ファーウェイ)がMWC(モバイル・ワールド・コングレス)で、いろいろとMacBook Proラ...

https://www.gizmodo.jp/2019/02/huawei-matebook14-handson.html

以下、スペックです。

ディスプレイ:14 インチ、3:2、2,160×1,440px, 185 PPI

大きさ:幅 307×奥行 223×厚み 15.7mm

重量:1.49㎏

CPU:Intel Core i5 8265U、Intel Core i7 8565U(第8世代)

GPU:Intel UHD Graphics 620、NVIDIA GeForce MX250 with 2GB GDDR5

ストレージ:256GB、512GB(PCIe SSD)

メモリ:8GB、16GB(LPDDR3 2133MHz)

外部ポート:イヤホンジャック、USB-C x 1、USB-A 3.0 x 1、USB-A 2.0 x 1、HDMI x 1

カラー:スペースグレイ、ミスティックシルバー

5G対応の通信機器(ルーター)がたくさん

スクリーンショット2019-02-2500.53.30
Image: Huawei Mobile/YouTube

今年から本格的に広がりそうな5G通信を見据えて、今回は5G関連の通信機器も3つ発表

共通のポイントとしては、すべての機器に「Balong 5000」という最新の5Gモデムチップを内蔵していることです。これはHuaweiの子会社HiSilicon Technologies製です。

スクリーンショット2019-02-2422.29.42
Image: Huawei Mobile/YouTube

「5G CPE Pro」は今年1月にもお披露目された、一体型の通信機器。基地局から5Gを受信します。サブ6GHz帯域では4.6Gbpsの速度、通常でも3.2Gbpsの通信速度を得られると発表しました。

受信した信号は、Wi-Fi 6(802.11ax)規格でスマートフォンなどの端末に送信します。下りの最大は4.8Gbpsです。

スクリーンショット2019-02-2422.32.23(2)
Image: Huawei Mobile/YouTube

「5G CPE Win」は屋外に取り付けるタイプの5G受信機。PoE接続(電源供給LAN)で屋内のルーターに接続し、Wi-Fi 6で各端末に送信します。IP65の防滴防塵に対応。

スクリーンショット2019-02-2500.53.21
Image: Huawei Mobile/YouTube

「5G Mobile Wi-Fi」は見てのとおり、モバイルWi-Fiルーター。据え置きではないタイプのモバイル5Gルーターです。8,000mAhのバッテリーを内蔵します。


以上、新製品まとめでした! じゃあ、あとはMicrosoft HoloLens 2組に任せた!!

2019年2月25日 12:30訂正:「バッッテリー」となっていたので修正しました。

Source: HUAWEI Global, Windows Central, blog of mobile, The Verge

    あわせて読みたい

    powered by