金細工職人渾身のパズルボックス、2年かけて作っただけに解錠するのもめちゃくちゃ時間がかかりそう!

  • 14,618

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • たもり
金細工職人渾身のパズルボックス、2年かけて作っただけに解錠するのもめちゃくちゃ時間がかかりそう!
Image: Vimeo

匠の作品。

金細工職人のSeth Gould氏が作ったCofferは金属製のパズルボックスで、複雑な手順を踏まないことには開けられない仕組みになっています。ノースカロライナ州のペンランド・スクール・オブ・クラフツにレジデンス・アーティストとして滞在していた同氏がおよそ2年間の歳月をかけてデザインの考案から、部品を作るため錬鉄や鋼、真鍮といった素材の鍛造、組み立てまでを行ないました。

2年に及んだ地道な作業と気の遠くなるような工程を、映画製作者のJesse Beecherが『Forged and Filed』というショートフィルムにまとめています。手際よくパズルボックスを解錠する様子はもちろん、Gould氏がボルトやゼンマイなどそれぞれに形状の異なるパーツを丹念に作り出していく様子も見応えがありますよ。

Image: Vimeo

Cofferを設計するにあたり、Gould氏は機械化によって錠前から芸術性と創造性が奪われる前の17世紀から19世紀にかけてデザインを磨いていった錠前師たちの作品を研究しました。しかし、彼はただ昔のデザインを模倣したわけではなく、出発点としてそれらを学んで、Cofferのメカニズムを唯一無二かつ複雑にしたのです。そのためCofferのパズルは前からあるようなトリックや技術に基づいたものよりも格段に難しくなっています。

Gould氏が2年もの歳月を費やし、これまで培ってきた技術と技法の結晶であるCofferは売り物ではないそうで…。金庫破りではありませんが、正しい手順で開錠するドキドキを味わいたかったのに残念! しかし、同氏のInstagramには、完成までの工程や各パーツが投稿されているので、仕掛けの1つ1つにテンションが上がる人は楽しめるかも。

Source: Seth Gould via The Awesomer, Penland, Vimeo(1, 2), Instagram

    あわせて読みたい

    powered by