カッコいいラップトップリュックはどこなの? ないの?

  • 13,964

カッコいいラップトップリュックはどこなの? ないの?

突然ですが質問です。

あなたは今お使いのラップトップバッグに満足していますか? 私の答えは「NO」です。手持ちのバッグの中でもっとも快適に使えるトートバッグをラップトップバッグに使っていますが、それに100パーセント満足しているか?と聞かれたらNOです。もっと軽くて丈夫で体に負担がなくて、仕事に必要なガジェットを安全に持てるリュックが欲しいです。

バッグに悩んでいるのは私だけではないと思います。米GIZMODOのアレックス・クランツ記者もバッグを探していて、その大変さを嘆いています。


もう10年以上に渡って悩んでいますが、今になって真剣に困ったことになりました。お気に入りだったピークデザイン エブリデイバックパックが、先月ラスベガスで壊れてしまったのです。名刺交換しようと思ってジッパーを開いたら、ジッパーが外れて蓋が開きっぱなしになってしまったのです。開いた蓋からガジェットやバッテリー、コードが覗いた状態で、私はバッグを抱えて移動しなくてはいけませんでした。最終的にジッパーを元の位置に戻すことができましたが、3年間も使ったのだからバッグを新調しようと思いました。しかし、これが簡単なことではなかったのです。

まず、どのバッグもダサい。同僚にアドバイスを求めましたが、ガジェットやギアをこよなく愛する彼らでさえ、私が納得するイケてるバッグは知らないようです。

キラキラバッグじゃガジェットは持ち運べない

ひとりは超ファンシーなキラキラリュックを検索して勧めてきました。もうひとりなんて、ブラジャーストラップよりもほっそいストラップ付きリュックはどうかと聞いてきました。もう、バカにしているのかと…。

ラップトップとカメラとメイク道具とメガネ、テックジャーナリストとして働くための周辺機器を入れたバッグを、紐みたいなストラップでホールドできるかって話です。私の肩を殺す気かと、小一時間は問い詰めたい衝動に駆られましたね。

便利なバッグはオタクっぽい

もう少しまともなアイディアだと、いわゆる「エブリデー・キャリー・バッグ」と言われるもので、手ぶら感覚になれる優れものです。パース・バッグよりは多く荷物を運べますし、サポートが多いので20+ポンド(9キロ)近いアイテムを運べるポテンシャルも備えています。

ただ、外見がよろしくない。ChromeTimbuk2Mission Workshopのバッグは実用的であることが保証されていますが、オタクっぽさがぬぐえません。たまに良いなと思うバッグに出会えても、「なぜ黒くてデカイ役立たずのストラップをつけた?」といった具合に、微妙にセンスがずれていることがあります。

リュックもオタク臭がぷんぷんです。まず、実用的で快適というのは大抵オタクっぽいデザインなんです。そして良いやつは高い。たかだか黒いリュックがン百ドルもするんですよね。

かつての同僚がGoRuckのシューターシリーズを試すように強く言ってきたことがありました。彼はカメラギアを持ち運ぶのに使っていましたが、かなり良いようでした。でも、お値段が400ドル。しかも400ドルはあくまで空っぽの本体部分だけで、カスタマイズのために小さなバッグを買い足さないといけないのです。最終的には700から800ドルかけて『Call of Duty』のキャラクターが背負っているようなミリタリーバッグのような形にするのです。

意識高い系バッグも違う

その他の選択肢としてWaterfieldTrakkeOnaのオシャレ系メッセンジャーバッグを考えました。あれらは素敵ですが、正直なところ実用的とは言い難いです。こういったタイプのバッグは大抵が留め金ひとつ。それに「街のオシャレ野郎」的な雰囲気が出てしまいます。なにせ、こういうバッグは高価で広告のモデルは美男美女ばかり。低い位置でバッグを持ち、3000ドルのカメラや雨風で痛んだ『ライ麦畑でつかまえて』(ジョン・レノンを殺害した犯人が愛読していた本として有名)を入れたりしています。撮影ロケーションは常にレンガか丸石。バッグはすごく素敵なのに、特定のライフスタイルを持った意識高い系しか販売ターゲットにしていないと感じさせるから、持っていれば必然的に「そういう系」と思われてしまいます。

とどのつまり、私は買うバッグがなくて困っているわけです。意識高い系バッグを買うか、実用的オタク系バッグを買うか、超実用的オタク系バッグにするか。結局、前と同じエブリデイバックパックが無難でしょうか。これが理想に限りなく近いアイテムなんですよねぇ…。


私も仕事用ノートパソコンバッグ探しには苦戦しているので、この悩みには全力で同意です。

私は、年末記事で紹介した通り、15年以上昔のヴィトンのトートバッグを仕事用に使っています。しかし、そこに落ち着く前に、黒いロングのカシミヤコートに合わせらるくらいフォーマルにも見える一方、ジーンズに合わせてもオッケーなほどカジュアルダウンもできるデザインで、仕事用カメラ、パソコン、周辺機器を運べるリュックを探したことがあります。

偶然入ったバレンシアガの直営店でセール品のメンズ用型押しレザーリュックがまさに理想的だったので、清水の舞台から飛び降りるつもりで買いました。しかし使ってみたら、話にならないほど重かったんです。何も入れていないときは軽くて最高なのに、ガジェットを入れた瞬間からズッシリ。肩のベルトも申し分ないくらい太いのに、一体何が原因なのか…。

最初、同じシーズンにプラダのメンズライン・ポケットバックパックという使い勝手の良さそうな軽量バッグを狙っていましたが、実際に背負ってみたら大きすぎました。シティ使いは難しいレベル。でも、今思えばあれにしておけばよかったかも…。

一体どこにいけば理想のバッグが手に入るのでしょうね。クラウドファンディングで自作するしかないのかなぁ。

    あわせて読みたい

    powered by