火星進出するかも? 歩いて飛べるドローン型ロボ「レオナルド」

  • 5,505

  • author 岡本玄介
火星進出するかも? 歩いて飛べるドローン型ロボ「レオナルド」
Image: designboom

これで地球人による火星の侵略へ……?

カリフォルニア工科大学が、映画『宇宙戦争』でエイリアンが操る、「エイリアン・トライポッド」みたいなヒューマノイド型ロボットを開発しています。しかもドローンで使うプロペラも装備して、空中を舞うことも想定した2足歩行型ロボットなのです。

designboomによりますと、その名は「LEg ON Aerial Robotic DrOne」の文字を短縮した「leonardo(レオナルド)」とのこと。全長は約76cmもあるのですが、その50cm近くが細長い脚なのです。

それでは、脚関節とプロペラのシンクロをテストしている映像をご覧ください。実物がどんなものなのか見てみましょう。

Video: Aerospace Robotics and Control at Caltech/YouTube

サムネ画像が、「レオナルド」による空中テニスなのも興味深いですね。

ユニークな股関節

面白いメカニズムだなと思うのが、股関節にあたるジョイントが片側2箇所ある点。それなら4脚か4輪車にすれば良いじゃない? って気がするのですが、脚を自由に動かすために、華奢な骨組み2本を独立駆動させ、それを交差させて連動させているんですね。

倒れても浮けば良い

このサイズの割に、カーボンファイバーを使っているので重さは約2.7kgとのこと。特に足元がおぼつかなさそうな印象ですが……二足歩行ロボだけあって、歩くのはシッカリしているようです。それにもし倒れても、プロペラで浮いて体勢を整えられるのだとか。

火星を歩く日が来るかも?

実は2020年7月に出発予定のマーズ・ヘリコプターは、NASAとこのカリフォルニア工科大学による共同開発をしています。なのでプロペラには一家言ありそうですが、どうやらこのロボットも、将来的には火星など地球外での活動を想定しているそうです。なんたって重力が低い方が歩きやすいでしょうからね。

もし火星人がこれを見たら、「地球人が宇宙戦争を仕掛けてきた!」なんて騒ぎ出すかもしれませんね。

Source: YouTube via designboom

    あわせて読みたい

    powered by