あなたは下派?右派? MacのDockをもっと使いこなす方法

  • 20,027

  • author David Nield - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
あなたは下派?右派? MacのDockをもっと使いこなす方法
Photo: David Nield (Gizmodo)

Dockのカスタマイズ、やってみましょう。

Dockを制するものはMacを制す、なんて誰も言ってないんですけどあながち間違ってもいないというか、仕事の仕方に応じてカスタマイズすることで、今までよりずっと使いやすいMacになること間違いなしです。Dockのカスタマイズ方法、ひとつずつ見ていきましょう。

基本Dock

まず、macOSのDockはデフォルトで下に設定されています。これは変更できます。まず画面左上のAppleマークからシステム環境設定を選び、Dockへ行きます。そこでDockを右・左・下のうちどこに置くか決められます。

ここでDockの他のカスタマイズもできます。Dockのサイズ、マウスをDockへ持っていた時の拡大エフェクトの強さ(エフェクトを消すこともできます)、ウィンドウをしまうときのエフェクトなどを変えられます。

190214-macdock07
Image: Gizmodo

下へ行くとチェックボックスがあり、さらに色々設定できるようになっています。例えば、Dockを自動的に表示/非表示にしたり、最近使ったアプリケーションをDockに表示したり。起動済みのアプリケーションにインジケータを表示するいうオプションも。

ちなみにアプリを起動する方法はDock以外にもあります。忘れたくないのはCommand + SpaceでSpotlight検索を引っ張り出してアプリ検索ができるようになっていること、また親指と3本指でピンチするとLaunchpadが出くること。便利ですね。

アプリの追加とオーガナイズ

ちなみにLaunchpadからDockにアプリを直接ドラッグして追加できます。そしてFinderの中のアプリケーションフォルダーから使いたいアプリをDockへドラッグする方法でも追加できます。アイコンの順番を変えるのも簡単。クリックしてドラッグして移動させるだけ。Dockにあるアイコンはずっとそこに固定であるわけではありません。その時開いているもの、もしくは最近開いていたアプリとして表示されているだけです。アイコンをクリックしてホールド(またはCommand + クリック、右クリック)するとオプションがあります。Dockに入れておきたい場合はDockに追加を選んでください。

190214-macdock-02
Screenshot: Gizmodo

そしてDockから外したいアプリケーションがある場合は、そのアイコンをクリックしてDockから離して引っ張ったら削除できます。

あと、アプリケーション同士をまとめてスッキリ分けたい人もいるかもしれません。レベルの高い技ですが、ターミナルを使います。ターミナルを開いて「defaults write com.apple.dock persistent-apps -array-add ‘{”tile-type”=”spacer-tile”;}’」とタイプします。(コピペしてください)その後、エンターを押して次に「killall Dock」を入力して、またエンターです。これでスペースがひとつできあがるので、それを移動させて使ってみてください。

ショートカットの追加

はい、Dockがだいぶカスタマイズされてきましたね。Dockはアプリケーションだけのためのものじゃないんです。ファイル、フォルダー、ウェブサイトへのリンクも追加できます。デフォルトの状態だと最近使用したフォルダーとアプリケーションがDockの右端のほうに表示されているはずです。ここは好きなように変えられます。

ファイルやフォルダーをここへ移すのもこれまでと同じ要領で、Finderからドラッグしてくればいいだけ。ファイルやフォルダーはDockの右端に置いておくのがいいでしょう。ファイルを特定のアプリの上にドラッグして乗っけるとそのアプリケーションで開いてくれるという便利な技があるんですが、フォルダーやファイルを真ん中に置いておくと誤ってアプリケーションの上に投下してしまい、そのアプリケーションで開こうとされちゃうと困るので、端っこに置いておくのが得策です。

190214-macdock-05
Image: Gizmodo

ウェブサイトを追加するには、そのサイトのファビコン(サイトの小さいロゴ)をアドレスバーから、ググーッとDockまで引っ張ってくればいいだけです。Dockにあるサイトをクリックすると既存のブラウザで開いてくれます。

Dockにあるフォルダーのアイコンを一度だけクリックするとフォルダー内にあるものをプレビューで見せてくれます。ファイルを開くにはそれぞれのファイルをクリックするだけ。またそのフォルダーがもともとある場所をCommand + クリックで開くこともできます。ファインダーで表示を選んでもOKです。ファイル、フォルダー、ウェブサイトをDockから削除する場合は、アプリケーションの削除と同じように、ぐーっと上までドラッグして引っ張ると削除が出てくるので、クリック。または削除したいもののアイコンをクリック長押し(もしくはCommand + クリック)するとDockから削除という項目が出るのでそちらからも削除できます。

Dockのまだまだ知られざる機能

ここでもう一度おさらいしたいのは、先ほども書いた通りFinderからファイルをドラッグしてきて、アプリケーションの上にポンと置くとそのアプリケーションで開いてくれること。そしてもう一つはOption + クリックで現在のアプリケーションを隠して、前のアプリケーションに切り替わります。アプリケーションの切り替えに便利なショートカットですね。他にはOption + Command + クリッククリックしたアプリケーションに切り替えて、他のアプリケーションをすべて隠すというのもあります。

190214-macdock-2
Image: ギズモード・ジャパン

アプリケーションをクリックして長押し(もしくはCommand + クリック)していると、他にもオプションが出てきます。アプリケーションによりますが、例えばブラウザを開いたり、Finderで表示したりが素早くできるオプションが表示されるはずです。またシステム環境設定がDockにある場合は、クリック長押しすると全てのメニューが表示されるようになっていて、それぞれに移動できるようになっています。

そして最後にDockのサイズを素早く変えるには、まずDockにある縦線を見つけてそこへマウスを持っていきます。クリックしてドラッグしながら上下に動かすと、アイコンの大きさが変えられます。またCommand + クリックでも同じことができるようになっています。

さていかがでしたでしょうか。Dockって最初に設定してしまったままだっていう方も多いかもしれませんが、これを機にちょっとカスタマイズしてみるのもいいかもしれません。私はDockは下派なんですが、友人たちのMacを見ていると横派の方が多いような? みなさんいかがでしょう?

    あわせて読みたい

    powered by