なんじゃこりゃ? おしりブッタ斬りなEV「MECCANICA - Solo」

  • 16,238

  • author 岡本玄介
なんじゃこりゃ? おしりブッタ斬りなEV「MECCANICA - Solo」
Image: meccanica

どっから見てもなんじゃこりゃ? なクルマです。

北米では毎日、1億19万人が自家用車を運転して移動しているそうです。中でも1億5万人がひとりきりでの移動なんですって。そこに目をつけたのが、トロントにあるEVメーカーMECCANICA。ゼロ・エミッションに向け、おひとり様の移動をコンパクトにするべく未来の乗り物を作りました。

それが「Solo」。ひとり乗り専用のEV3輪車で、最高速度は時速130km、航続距離は160km。そしてお値段は15,500ドル(約170万円)という、価格帯もおひとり様向けになっているのです。

Video: Electra Meccanica Vehicles/YouTube

前から見ると普通の乗用車みたいですが、なーんか細いんですよね。それに後ろから見るとさらにスリムな感じ。リアウィンドウのまぁちっちゃいこと。

190218_meccanica3
Image: meccanica

映像では組み立ての様子もありましたが、中身を見ると後輪駆動のRR車ってことなんですね。各種テストもパスしているようです。

スペック

MECCANICAいわく、充電時間は220vで3時間。82馬力のパワーで時速0~60マイル(約96km)に到達するまで8秒ということで、小さくてなかなかパワフルです。それにガソリン車よりモーターに使われるパーツが少ないため、故障も少ないとのこと。

内装はエアコンだけでなくシートに暖房が仕込まれ、AM/FMラジオとBluetoothステレオ、それに後方カメラを完備しているのであおり運転対策もバッチリ。サイズは全長3.1mで全幅1.33mと超コンパクトです。

designboomによりますと、2019年内にL.A.にて5,000台が供給されるとのこと。それから2年以内に7万台が生産されるそうです。自家用車としても良さそうですが、郵便やコンビニの配達など商業用にも重宝するかもしれませんね。いつか日本でもお目見えするでしょうか?

Source: YouTube via designboom, MECCANICA

    あわせて読みたい

    powered by