自分だけのキーボードが作れるキットでライバルに差を付けろ!

  • 10,982

  • author 三浦一紀
自分だけのキーボードが作れるキットでライバルに差を付けろ!
Image: 鍵盤工房

キートップもスイッチも思い通り!

僕はかつて、キーボードが大好きで、いろいろ買って悦に入っていました。往年のIBMの名器「SpaceSaver 84Key」をはじめ、Cherryの「MX500」、Happy Hacking KeyboardRealForceシリーズは全種類コンプリートしていましたし、海外から個人輸入してキーボードを買っていたこともありました。

キーボードはそれぞれにいいところはありますが、100%自分好みのものというものにはなかなか巡り会えません。

「ああ、自分だけのスペシャルキーボード、手に入れたいなー」という方にオススメしたいのが「Mint60 スターターセット」です。

「Mint60」というのは、自作キーボードキット。それに各種キートップやキースイッチなど、自作に必要なパーツをセットにしたものがスターターセットです。

190218Mint60-02
Image: 鍵盤工房

セット内容は、TRSケーブル、microUSBケーブル、キースイッチ、キートップ。キースイッチ、キートップ、そしてプレートカラーは用意されたものから選ぶことができます。

プレートカラーはクリア、マットクリア、スモークグレーの3種類。

190218Mint60-03
Image: 鍵盤工房
クリアプレート

190218Mint60-04
Image: 鍵盤工房
マットクリアプレート

190218Mint60-05
Image: 鍵盤工房
スモークグレープレート

キースイッチは、6種類から選べます。

190218Mint60-06
Image: 鍵盤工房

キートップの種類は以下の通り。

Gateron Red(リニア45g)
Gateron Brown(タクタイル55g)
Gateron Blue(クリッキー60g)
Gateron Clear(軽めのリニア35g)
Gateron Sirent Red(静音リニア45g/+¥2,000)
Gateron Sirent Black(静音重めのリニア60g/+¥2,000)

キートップは3種類用意されています。

190218Mint60-07
Image: 鍵盤工房
PBT Hawaii(+¥2,000)

190218Mint60-08
Image: 鍵盤工房
ABS Cubic Miami Blue

190218Mint60-09
Image: 鍵盤工房
ABS Starry Night (Black&Blue)

組み合わせは54種類! うーん、どの組み合わせがいいかなー。

左右分離型というのもいいですよね。一度左右分離型のキーボードに慣れてしまうと、普通のキーボードの形状に違和感を感じちゃうかもしれません。

お値段は1万8000円から。自分だけのキーボードで、ライバルに差を付けろ!

Source: 鍵盤工房

    あわせて読みたい

    powered by