1日平均11丁。銃を飛行機に持ち込もうとする人、年々増えている…

  • 6,828

1日平均11丁。銃を飛行機に持ち込もうとする人、年々増えている…
Photo: Getty

抗議活動が盛んに行なわれるも、やはりアメリカは銃社会。

アメリカ運輸保安庁(TSA)が、先日、2018年1年間に米国空港での手荷物検査上で発見された銃の数を発表。2018年は4239丁で過去最高でした。単純計算で、1日につき平均で11丁の銃が発見、没収されていたということです。恐ろしい。しかし、もっと恐ろしいのは、発見された銃のうち86%は弾丸が入った状態だったということ。もっともっと恐ろしいのは、手荷物検査場で発見されずに飛行機に乗れてしまった人もいたということ。

たとえば、今年の1月3日、ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港の手荷物検査をなぜか通過できてしまった女性が、銃を手荷物として成田空港まで持ち込めてしまったという事件がありました。

年々増加する銃の数

TSAによれば、銃が多く発見されるのは海外利用客も多い大きな国際空港。2018年レポートでは、TOP5は、ジョージア州のハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港で298丁、テキサス州のダラス・フォートワース国際空港で219丁、アリゾナ州のフェニックス・スカイハーバー国際空港で129丁、コロラド州のデンバー国際空港で126丁、フロリダ州オーランド国際空港で123丁となっています。

手荷物検査場で発見された銃の数は、年々増加傾向にあります。過去10年の記録を見てみると一目瞭然。

2009年:976丁
2010年:1123丁
2011年:1320丁
2012年:1556丁
2013年:1813丁
2014年:2212丁
2015年:2653丁
2016年:3391丁
2017年:3957丁
2018年:4239丁

ルールさえ守れば合法的に飛べる

アメリカでは、合法的に銃とともに飛行機に乗ることができます。ただし、それは預ける荷物として、弾のはいっていない状態の銃の場合。レプリカやおもちゃの銃も、手荷物は認められておらず、チェックインする必要があります。手荷物として機内に銃を持ち込めば、刑事ではなく民事事件として扱われ、罰金として最大約140万円が課せられます。

また、手荷物検査場で銃が見つかった場合、検査職員ではなく地元警察が対応に当たります。銃の没収や、持込もうとした人の対応(逮捕)は、州法により異なります。

みなさんもお気をつけて。

Source: TSA

    あわせて読みたい

    powered by