これなんて『ロックマン』? マザーボードが発する音でフル・アルバムを完成させた猛者

  • 6,485

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
これなんて『ロックマン』? マザーボードが発する音でフル・アルバムを完成させた猛者
Image: shiru8bit/YouTube

MS-DOSってこんな『ロックマン』っぽかったっけ?

8ビットのファミコン時代から色褪せないチップチューン・サウンド。このピコピコ音楽を作るには、新旧さまざまな機械が使われるかと思います。でもこれはさすがにヤバい...!アレクサンダー・シメノフさんはMS-DOSを使い、マザーボード内蔵スピーカーが発するビープ音を組み合わせて作曲するどころか、フルアルバムを完成させてしまいました。

まるで『ロックマン』のようなアクションゲームのシーンが目に浮かびます。必聴ですよ!

Video: shiru8bit/YouTube

ビープ音

マザーボードが生成する音は、ほとんどの場合、PCの診断目的に使用されます。簡単なビープ音とメッセージは、電源が入っているか?設定の変更を正常に保存したか?またはすべてのハードウェアが正常に動作しているか?などを教えてくれるもので、それ以上でもそれ以下でもありません。

80年代、コンピューターに専用サウンドカードが登場する前のゲーム開発者は、そうしたビープ音のみでDOSゲームにサントラや効果音をつける方法を編み出しました。ですがそれ以降のチップチューン作曲家は大体、ゲームボーイやファミコンなどのゲーム機を使用しており、MS-DOSによる作曲は過去の遺物のようになっていました。

アルバムについて

完成までには約1年半掛かったというこのアルバムは、とても聞き取りやすく、アレクサンダーさんによる数々のトリックやテクニックが盛り込まれています。

内容は23曲入りで26分の長さで、レコード盤でもカセットでもないのに、A面B面があるんです。そしてもし、皆さんのPCに42KBの空き容量があれば、ダウンロードしてx86機かDOSエミュレーターでプレイすることができるようになっています。

作曲は容易ではない

こうして彼の音楽を聞くことは簡単にできてしまいますが、いざ作曲するとなると大変な苦労があるようです。たとえばハイハット音は再現出来ないなど、ハードウェアの限定的な機能の中で、音のイリュージョンを生み出すべく創造的に機能を拡張しなければならないのです。もはやアートの粋ですね。

Source: YouTube via habr via TechCrunch, Shiru's Stuff

あわせて読みたい

powered by