テクノロジーで災害に立ち向かえ! IBMが年30億円超を投資する新プロジェクトとは

  • Mugendai
  • author 渡邊徹則
テクノロジーで災害に立ち向かえ! IBMが年30億円超を投資する新プロジェクトとは
Photo: Shutterstock

自然と仲良くなるためにも。

日進月歩で進化するテクノロジーですが、地震、大雨、水害といった自然の脅威に対して人間はまだまだ無力です。しかしそれでも、一歩ずつ進んでいくことはとても重要ではないでしょうか。

IBMのWebメディアMugendai(無限大)では、ソフトウェアの力で自然災害に立ち向かう、新しい取り組みが紹介されていました。

賞金2,000万円、年間33億円が投資されるIBMの新プロジェクト

記事に登場していたのは、同社およびLinux Foundationなどが2018年5月から始めた、Call for Codeという取り組み。世界中のソフトウェアエンジニアが一堂に会して社会問題の解決に挑むというもので、今後5年間でIBMが投資する金額は何と年間3,000万ドル(約33億円)にも上るそうです。

何を隠そう、このCall for Codeに関連して開かれた第一回目のハッカソンのテーマが「自然災害」で、世界中の開発者がそれぞれの創意工夫を発表したそうです。

結果、優勝に輝いたのは、ゴムのアヒルのように水に浮かべられる端末でネットワークを構築し、災害時に第一対応者と被災者とをつなぐ仕組みをつくったチーム。賞金として20万ドル(約2,200万円)が贈られるだけでなく、開発したソフトへの長期的なサポートも受けられるそう。

自然に立ち向かうのは容易ではありませんが、人類が少しずつ乗り越えてきたのも事実。Call for Codeの詳細など、エンジニア以外も楽しめる記事の続きは、Mugendai(無限大)よりお楽しみください。

Source: Mugendai(無限大)

    あわせて読みたい

    powered by