太陽まっしぐら衛星パーカーくんから近況報告「次の周回行ってきます!」

  • 7,066

  • author George Dvorsky - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
太陽まっしぐら衛星パーカーくんから近況報告「次の周回行ってきます!」
Image: NASA

そろそろ2回めの軌道周回に向けて準備します。

太陽の外部コロナの観測任務にあたっている、パーカー・ソーラー・プローブ。独自の水冷システムと、機体をを守る耐熱シールドのおかげで溶けない造りになっており、太陽に最も接近した人工物としても知られました。

しかし最近、パーカー君のニュースを聞きませんが……元気にやっているのでしょうか?

2回めの軌道周回に行ってきます!

NASAはあれから、パーカーがそろそろ24回中2回めの近日点(太陽に最も近くなる点)到達のため軌道を周回しはじめたと伝えています。

パーカーは最初の太陽周回の旅を終え、1月19日に周回軌道で地球から最も遠い、遠日点に達しました。NASAによりますと、そこからパーカーが再び太陽へ向かい、周回軌道を通って4月4日近日点に到達するだろうとのことです。

パーカーは、任務の161日後にこの重要な一里塚に到達しました。すべてがうまくいっているように見えます。

初の軌道周回を終えて

プロジェクト・マネージャのアンディー・ドリーズマン氏は、声明の中でこう話しています。

輝かしい魅力的な最初の軌道周回でした。私たちは宇宙船が太陽環境に対してどう動作して反応するかについて、多くのことを学びました。そしてチームの予測が非f常に正確であったことを誇りに思います

190201_solarprobe2
Image: NASA

探査機は現在、NASAが深宇宙探査の為に立ち上げた深宇宙通信情報網「Deep Space Network」の巨大アンテナに向けて、17ギガビットの貴重な科学データを地球に送信中です。しかしそれを受信するのは、4月になってしまいます。

パーカーは一連の計器を使い、これまでにないデータを収集しています。これを使い、科学者たちが太陽のコロナや、恒星の物質や粒子が高速で動く中で、どのように生成されたのかを学ぶことができるようになるのです。

続いてパーカーのプロジェクトに関わる科学者、ヌール・ラウアフィー氏が、これまでに収集されたデータについてコメントしたのが以下です。

これまでに見たことのない多くの新しい発見があります。パーカーは任務で、太陽の謎を解き明かしてくれるのです

もうひとつの重要な節目は、近日点の数週間前にやってきました。それはパーカーが元日に完全な運用状態に入ってフェーズEを開始し、システムがすべてオンラインになったこと。これで仕様通りに機能を始めたということになりました。

新記録に挑戦し続ける

2018年10月29日、パーカーは太陽の表面から4270万km地点を通過し新記録を作ったことで、1976年4月に最接近した太陽探査機「ヘリオス2号」の古い記録を更新しました。そして次回、4月の近日点通過時には、もっと記録を更新させるべく2410万kmの地点を通過させようと設定し、NASAはまたまた新記録を樹立することでしょう。

パーカーが最も太陽に近付くのは2025年6月。それは太陽からおよそ616万kmの距離になる予定とのことです。パーカーは 時速約69万kmという速度で太陽を1周するのですが、それでも約88日間かかってしまいます。ちなみにこの速度だと、フィラデルフィアからワシントンDCまでを、たった1秒で移動できちゃうほどの爆速なのだそうです。

準備すること

4月の近日点に備えて、管制塔はパーカーの送信済みのファイルを削除し、ストレージに空き容量をを作ります。そして自動コマンド・シーケンスを含む更新データで、新たな位置情報とナビ情報を送信し、探査機が約1カ月間手持ち無沙汰にならないようにするそうです。

2回目の周回も武運を祈りたいですね。

Source: NASA (1, 2, 3)

    あわせて読みたい

    powered by