Netflix、オリジナル作品に新しいロゴ・アニメーションを採用

  • author 岡本玄介
Netflix、オリジナル作品に新しいロゴ・アニメーションを採用
Image: THE VERGE

作品の中にワープする感じ!

Netflixのオリジナル作品といえば、始まる前に白地に白い立体ロゴが浮き上がり、次いで真っ赤に染まるNetflixロゴのアニメーションがおなじみです。そのロゴが2月1日以降に配信される新作には、新しいものが採用されるようになった、とTHE VERGEが報じています。

一体どんなものなのでしょうか? 未来的でカッコ良い、新たなロゴをどうぞ。

タイムマシーンでワープしているみたいですね。これは「物語と言語、楽しさのスペクトラム」を表していて、新しい体験に向かって進んで行くような錯覚を狙っているとのこと。そういえばSEGAの新社屋に作られたコワーキングスペース「TUNNEL TOKYO」の電光トンネルも同じようなビジュアルでしたね。

このアニメーションは、たとえば現在配信中のオリジナル作品『ロシアン・ドール 謎のタイムループ』といった最新作で見ることができます。旧作はまだかつてのモーション・グラフィックスですが、順次切り替わっていくとのことです。

一見するとカラフルですが、縦線が広がるだけのシンプルな構成ですよね。しかし社内のデザイン・チームと外部のデザイン事務所の共作で、2年を費やして作ったんですって。

たった数秒の映像ですけど、そういわれると重みがありますね…。

Source: Twitter via THE VERGE