Pumaも自動靴ひもスニーカーを2020年にリリース! 撫でてキュッ、アプリでキュッ

  • 6,969

  • author ヤマダユウス型
Pumaも自動靴ひもスニーカーを2020年にリリース! 撫でてキュッ、アプリでキュッ

自動靴紐元年は近い?

Nikeが自動靴紐調節スニーカー「Adapt BB」をリリースしたのもつかの間、Pumaも独自の自動調節スニーカー「Fi」を発表しました。NikeとPuma、揃いましたな(アディダス待ってるよ)!

Video: PUMA/YouTube

いわく、フィットインテリジェンスでFi。シュータン部分を撫でるだけで内蔵されたマイクロモーターがケーブル(靴紐)を引っ張り、着用者の足に自動でフィットします。スマホアプリやApple Watchからも調節可能だから、かがむことなくキュっと。充電はQi経由で、バッテリーは最大5日。

Fiは、2016年に限定50足で発売されたPumaの自動靴紐調節スニーカー「AutoDisc」の後継にあたります。1992年にPumaが開発した、ディスクを回して締め付けを調整する「DISC SYSTEM」、それを一部自動化したAutoDisc。これら靴紐テック系シューズの最先端にあるのが、Fiというワケですね。

190205pumafi_02
Image: Puma via The Verge
190205pumafi_03
Image: Puma via The Verge

現在Pumaは、テクノロジーに精通した人々にFiのテストを依頼したがっています。ユーザビリティやデザイン、エンジニアリング、ウェアラビリティについてのフィードバックがあれば、2020年の発売時までに機能追加や改善があるやもしれません。価格は300ドル(約3万2900円)と、Adapt BBよりも50ドルほど安いみたいです。

Fiのベータテストに興味がある人は、アプリ「Pumatrac(iOS / Android)」をDLしておけば、テスト開始の通知を受け取ることができます。Adapt BBよりも後発になる分、なにかしらエモ機能を期待したいですね。

Source: The Verge, YouTube, Puma, AppStore, Google Play

    あわせて読みたい

    powered by