実は事故例多数!テイザー銃っぽいもので撃たれた男性の服が炎上

  • 8,436

実は事故例多数!テイザー銃っぽいもので撃たれた男性の服が炎上
Image: Christopher Furlong/Getty Images

うひぃ。

拳銃型で電線を撃ち出し、電流を流して危険人物を痺れさせる「テイザー銃」。時と場合によっては、これで衣服を引火させてしまうのだそうです。

それが起こったのは、先週土曜日の早朝。フィラデルフィアのサウス・ストリートにある、チーズ・ステーキ店「ジムズ・ステーク」前の路上でのことでした。地元紙The Inquirerによりますと、撃ったのは警備員で、撃たれた男性はズボンが発火したとのこと。ステーキ店の社長ケン・シルヴァー氏は、その様子が「防犯カメラにも収められている」と話しているそうです。そのときその場にいた人が撮影した映像がTwitterにアップされていたのですが、現在は削除されています。

社長のコメント

The Inquirerに対して、シルヴァー氏はこう語っています。

我々は現在、2019年2月2日の早朝にサウス・ストリートの外で発生した営業時間外の事件を見直しています。

私たちは必要に応じて、フィラデルフィア警察署に全面的な協力を続けています。私たちは顧客と従業員の安全を非常に真剣に受け止め、彼らの安否を守るために忠実に働いています。そうすることで、私たちは地元の商売人、雇用主、そして隣人として最高水準で運営し続けるでしょう

しかし警備員がステーキ屋に雇われたのかどうかは、語られていません。

ガスを使うモデルも

古典的なテイザー銃は、電気ショックを与える2本の棘とワイヤーを発射します。そしてほかには、可燃物質も一緒に射出するモデルもあるそうです。2001年には、多くの警官隊で使われているテイザー銃に使用する、催涙ガスとスプレーで使うCSガスが引火することが英国内務省によって判明しています。

そして内務省はこう伝えています。

もしテイザー銃から可燃性の溶剤がターゲットの衣服に発射された場合、発火の深刻な危険があります。このリスクは、ガソリンスタンドなど、すべての可燃性環境に及ぶことになります

1日に900回

テイザー銃やそれに似たデバイスが広く普及されていた2015年、The Washington Postは全米の警察署にて1万7000丁が使われており、最低でも1日に900回撃たれていると報告しています。

ですが発火事件は、それ以前に起こっているんです。2017年に書かれたStatesmanの報告では、テイザー銃による発火は、1993年以降、Axon Enterprises社(元Taser International社)の製品が起こした死亡事故9件とリンクしているとあります。それらの死は、ガソリンに包まれた人間に対して発砲した件や、2012年に国境警備隊がサンディエゴでガソリンが漏れている自動車に発砲し、24歳の青年を死亡させた件などがあります。

ですが紙面では、「ほかに数え切れないほどの事件で火災が発生しているが、死に至らなかった」とも書いています。

週にひとりが亡くなっている

The Washington Postは、2015年に何十人もの人々(週に平均約ひとり)が、警察が使うテイザー銃で命を落としていると書いています。これには痛みを伴わせる「ドライヴ・スタン・モード」も含まれているとのこと。それに2017年には、REUTERSが「警察がテイザー製品と別の武器を併用し、1000件以上の死者を出している」とも報じています。

これらは警察が使用したときのデータですが、民間人や警備職員による使用に関する情報は少なく、多くの州では、購入や使用に殆どあるいは全く制限を課していません。なのでAMNESTY INTERNATIONALは、私的使用のため民間に販売することを反対しています。

そして土曜日の件

The Inquirerの報告によると、フィラデルフィア警察は土曜日の事件について報告を受けていないと話しているそうです。ですがCBSは、「刑事らが事件を調査しています」と報じています。

しかしテイザー銃に可燃性のガスが使われ、それが引火を誘発させるだなんて恐ろしいですよね。超強力なバネ仕掛けとかにはならないんでしょうかねぇ?

Source: Twitter via The Inquirer, The Guardian, The Washington Post, Statesman, REUTERS, AMNESTY INTERNATIONAL, CBS

    あわせて読みたい

    powered by