サムスンの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」は、たぶん厚すぎる

  • 35,059

  • author Mario Aguilar - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
サムスンの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」は、たぶん厚すぎる
Image: Sam Rutherford/Gizmodo

Nintendo Switchとほぼ同じ厚さか、それ以上かも?

Samsung(サムスン)の新製品イベント「Galaxy Unpacked 2019」にて、何カ月も待ったウワサの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」がデビューしました。

お値段なんと20万円超えというビックリ価格ですが、これを皮切りに各社折りたたみスマホを投入してくるかもしれませんね。

折りたたみに適したデザインとアプリを兼ね備えている

まさにモンスターな1台なワケですが、関心させられる技術はたくさんあります。我々は以前にも、ゴミ扱いされた折り曲げスマホといった悲惨な例を見てきました。ですがSamsungは、開いたときに大きな画面を表示するため、デバイスのデザイン的に起こる面倒なインターフェイスの問題を洗練させました。

それに「アプリの継続性」機能は、小さく折りたたんだスクリーンに表示していたものを、大きいスクリーンへと開いたときに、シームレスに移行するようです。そして、ひとつの画面で複数のアプリを使用することは、タッチスクリーン搭載デバイスでは不便が多いのですが、Samsungの新しい3つのマルチタスク用機能には目を見張るものがあります。

なのに秘密にするSamsung

しかしながら、Samsungはイベントの実演デモでも、そういった機能を紹介することはありませんでした。時として、企業は製品のデザインが未完成であるが故にすべての機能を見せることをためらう傾向があったりします。ですが4月26日に発売されるまで2カ月しかないというのに、わざと機能を秘密にしているのであればちょっと奇妙なことと思われます。

仮に自分がSamsungだったとしたら、批判的な目を持つ人たちから粗探しをされないよう、可能な限り華々しく発表を演出するでしょうね。ハデな映像と印象的なレンダリング画像を大画面に映し、登壇者はもっともらしく話しながらバレない程度にスマホをパカパカやれば簡単です。

その理由は厚さ?

Samsungがどうして便利な機能をひた隠しにするのかわかりませんが、もしかすると「ブ厚さを隠したいからではないか?」という気がしないでもありません。それを示唆するのは、発表の間この「Galaxy Fold」のサイズについて、ほとんど説明がなかったということ。Samsungの広報からは、米Gizmodoに対し「厚さは公表されていません」との返答がありました。

ちなみにですが、 FINANCIAL REVIEWでは開いたときには厚さが6.9mmで、閉じたときには17mmになるだろうという情報を流しています。今のところ確かめる術はないのですが……。

推測してみる

ではここで、可能性について考えてみましょう。たとえば「Galaxy S10」は7.8mmの厚さです。そしてどういうわけか、「Galaxy Fold」が「Galaxy S10」2枚を重ねた厚みより薄いと仮定してみます。それが合計15.6mmではなく14mmだったとしても、2009年に出た初代「Galaxy」の11.9mmや初代iPhoneの11.6mmよりも数mm厚いわけです(2枚重ねなので厚みが出るのは当然ですが)。

ともあれ、14mmだとNintendo Switchとほぼ同じ厚さです。人々は、Nintendo Switchをカバンやポケットから取り出して、電話として使ってみたいと思うでしょうか? 推して知るべしですね。


まぁ14mmはサバを読んだ仮定の話ですけども、実際はもうちょと厚いんじゃないか?と考えられます。今後折りたたみ式がどこまでメジャーになるかわかりませんが、何でも第一世代のデバイスってのはかさばるのが常です。次世代機になるに従い、徐々に薄くなっていくでしょうね。

諸々鑑みると、おそらくですが「Galaxy Fold」は値段も相まって、そんなに長く売れるモデルにはならないかもしれません。


Source: FINANCIAL REVIEW

あわせて読みたい

powered by