眠ったガジェットを有効活用。東京五輪のメダルは都市鉱山から作る

  • author 岡本玄介
眠ったガジェットを有効活用。東京五輪のメダルは都市鉱山から作る
Image: Shutterstock

その名は「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」

昔から五輪競技で上位の成績を収めた選手に送られる、金・銀・銅メダルdesignboomによりますと、2020年に開催される東京五輪とパラ五輪では、廃棄処分になった家電や携帯電話から取り出し、再利用した金属からメダルを鋳造するのだそうです。

これはかねてから言われている、「都市鉱山」というヤツですよね。家電の基盤や配線などのパーツに使われるレアメタルは、実は塵も積もれば山となる貴重な資源なのです。

必要量は?

メダルに使われる金属(を含有する家電)は寄付で集まっており、は目標30.3kgのうち93.7%である28.4kgが、は目標4,100kgのうち85.4%の3,500kgが、そしては2,700kgの100%すべてが入手済みとのことです。

廃棄家電の回収は2019年3月31日に終了予定で、これまでのところ、500万台の中古携帯電話を含む約4万8,000tの電子廃棄物が回収されているんですって。それらが業者の手によって、粉砕・抽出されるわけです。

実は初めての試みではない

ちなみにリオ五輪では、銀と銅メダルの30%がリサイクルされたものだったそうです。ですが東京五輪では3種共に100%のリサイクルを目指しており、達成までもうすぐというところまで来ているんですね。

肝心のメダルのデザインですがこちらは応募と審査が終わり、2019年度中に発表されるとのこと。どんなものになるか楽しみですね。

Source: designboom, tokyo2020

    あわせて読みたい

    powered by