どうして? いろいろやらかしてるのにFacebookの業績が好調なワケ

  • 7,261

どうして? いろいろやらかしてるのにFacebookの業績が好調なワケ

どうしてなの?

Facebookは2018年もいろいろとやらかしてくれましたよね。 また2019年もしょっぱなからティーンを巻き込む 「リサーチ」アプリの配布でまたまた一悶着ありましたが、そんなごたごたもなんのその、先週水曜にはどうも売上高が最高値を記録した模様。

CNBCの報告によれば、Facebookは売上高ではアナリストの予想を上回り、 当期純利益は前年度の42.7億ドル(4675億円)から大きく飛躍して68億8000ドル(約7440億円)を記録しています。これにより一株あたりの利益は2.38ドル(約260円)に(予測の2.19ドルを上回る)。Facebookの売上前年比は30パーセントを超え、169億1000ドル(約1兆8400億円)に。これはアナリストの予想163.9億ドルを上回っています。 さらに月間または1日あたりのアクティブユーザー数も増え続けており、1日のアクティブユーザー数は15億人に達し、月間ユーザー数も23億人となっています。

ずっとゴタゴタしてたFacebookの2018年

ユーザー数の成長とともに、Facebookが発表する数字はアナリストの予測とほぼ横並び状態。ですが、昨年はほぼ毎週のようにスキャンダルにつぐスキャンダルが報じられ、波乱に満ちた年でありました。

先週に至っても、またまた物議を醸していましたし。そしてCEOのマーク・ザッカーバーグは大変恥ずかしいコラムWall Street Journal(ウォール・ストリート・ジャーナル)誌に寄稿しています。それによれば、どうもFacebookを信じられない人たちはFacebookを理解していないからだという高飛車な態度がアリアリ。 TechCrunchもまたFacebookがティーンをターゲットに「Facebookリサーチ」 VPNに繋がせてモバイル端末やウェブのアクセスデータを搾取していたと報じています。おまけについ先週もFacebookは許可なく子どもが使った使用料などを親のクレジットカードを使って支払わせていたことも発覚しています。

去年Facebookの評判はガタ落ちでさんざんだったはずなのに。FacebookのCambridge Analytica問題も2018年でした。ミャンマーの虐殺問題もしかり、こんなこともあんなことも秘密のデータブツブツ交換に、プライバシースキャンダルと、枚挙に遑がないとはまさにこのことです。マーク・ザッカーバーグは選挙の妨害など不可能とのたまいましたが、どうもなにもかもうまくいっていると思いたいようです。

なんで好調なのよ?

で、こんなに問題てんこ盛りなのに好調ってどういうこと? とみんな思っているのではないでしょうか。その理由は、寛大にも個人情報をまるっと差し出す数十億というユーザーのデータを人質にしているからに他なりません。年齢、性別、宗教について、所属する政党、興味、連絡先、位置情報、ショッピングの傾向などなど。無料で手にいれたその個人情報を元に嗜好や興味にぴったりの広告を打ち出しているのです。そして広告主たちはそれに対し莫大な広告費を支払っています。まさにFacebookは情報販売のモノポリー的状態を掌握しているのですよ。儲かるわけです。

マーク・ザッカーバーグ自身、 Wall Street Journalのオプ・エドで語っています。「普通、企業から物やサービスを購入したら、お金を払いますよね。Facebookではサービスの使用が無料です。広告主とは別に取引してユーザーが興味ある広告を表示しています」データは販売こそされてはいないものの、個人情報を無料で手に入れたその裏でぼろ儲けしているのは目に見えているのに。

Facebookは山盛りの問題を修復すると約束したばかりなので、今年はそれに専念するのかもしれません。でも、この汚いやり方でこれだけの利益を上げてきたのだから、その約束が守られるかどうかは、わからないものですが。

    あわせて読みたい

    powered by