撃ち捕らえよ! 米軍がドローンを捕縛するグレネード弾を開発中

  • author Jennings Brown - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
撃ち捕らえよ! 米軍がドローンを捕縛するグレネード弾を開発中
Image: US Army/US Patent Office

弾丸が投網します。

つい最近、ドローンによって起こされたアメリカイギリスの空港での飛行機の遅延。こういった迷惑ドローン事案は、これからどこにでも起き得る、脅威と同時に頭痛のタネになりそうですよね。

そこでアメリカ連邦航空局とFBIは、先日開催されたスーパーボウルに至るまでの数日間、スタジアム近くでドローンを飛ばすべからずお触れを繰り返していました。というのも、それが安全を脅かすテロ行為になり得てしまうから、というのが理由でした。

ドローンを防ぐ技術開発

どこにでもあるドローンが引き起こす問題が増えている昨今、その裏では、ドローンをブロックする業界が成長しています。そして政府と軍の機関も、反ドローン技術の開発に関わっているんですね。たとえば、スーパーボウルで対ドローン用レーダー・システムをテストしようとした、スタートアップ企業のEchodyne社があります。彼らは、なんとビル・ゲイツ国防省、それにアメリカ海軍により支援されているのだそうです。

そして最新のコンセプトは、アメリカ陸軍研究所のチームによって開発された、ドローンを捕縛するネットを仕込んだ、40mmのグレネード弾

その特許が火曜日に発行され、どのように作動するのかが説明されています。

弾が目標に近づくと、操作盤からの信号がサーボ・モーターを作動させます。サーボはボール機構にある中央の固定プランジャーを解放し、弾頭部分より収納されたネットが、花弁と錘と共に射出されます

ペンタゴンの特許を取り扱う、TechLinkのシニア・テック・マネージャーであるブライアン・メッツガー氏は、米Gizmodoにグレネードのことをこう話してくれました。

改造されたクワッドコプターを目視できているのに、落とす手段を持たない歩兵との溝を埋めてくれます。そして何十年も使っている、40mmのランチャーに使えるように合わせています

従来のものより効果的

この特許によれば、この投網弾は技術面について、たとえば熟練の操縦士を必要とする、大きなドローンからネットを投げるものや、ネット・ランチャーを搭載したがために重くなり、有効範囲が限られてしまうドローンといった関連技術より効果的だった、というテスト結果を示しています。

メッツガー氏は、これらのグレネード弾がもうすぐ発売される可能性があると考えています。

我々は、特許をライセンス化し、それを供給できる製造業者を見つける過程にあります。とはいえ、この技術は開発の高い段階にあるため、実際に運用環境に入るまで、それほど長くかからないでしょう

そのたのドローン対策

ほかには、これまでにもドローンを捕獲するためのドローンが登場したり、網を放つキャノン砲が作られたり、一発400万円で小型ドローンを撃ち落とすスティンガー・ミサイルなんていう大掛かりな装置も作られました。火炎放射ドローンで焼いてしまうのもテかもしれませんが、既存の砲塔で使えるグレネードだったら、かなりお手軽かもしれませんね。

Source: BUSINESS INSIDER, Homeland Security, USASPENDING, SCRIBD, NBC NEWS, TechLink,Task & Purpose

    あわせて読みたい

    powered by