Apple、「WWDC 2019」は6月3日から7日に開催で決まりか

  • 5,110

  • author Kaori Myatt
Apple、「WWDC 2019」は6月3日から7日に開催で決まりか
Image: Peppinuzzo / Shutterstock.com

何が出るかな~。

Apple(アップル)が毎年開催している開発者向けのカンファレンス「WWDC(ワールドワイド・デベロッパーズ・カンファレンス)」ですが、2019年の日程は6月3日〜7日(現地時間)でほぼ確定とMacRumorsが報告しています。MacRumorsの関係筋によれば、 開催場所は昨年と同じくカリフォルニアはサンノゼのMcEnery Convention Center(マッケンナリー・コンベンション・センター)であるようです。

去年もおととしも、だいたい同じ時期に同じコンベンション・センターで開催されているところをみると、この情報は堅そうですよ。どうもその翌週も翌々週も他のイベントがすでに入っているようなので空いているのはその週だけとか。

Appleはだいたいいつも日程が確定するまで発表しないため、まだまだ憶測の範囲をでませんが、他の記事でも同じ時期が報じられています。予定は予定でしかなく、正式発表があるまではまだまだわからないとしつつも、例年どおりの週ということで信憑性は高そう

今年は iOS 13とmacOS 10.15の発表が期待され、大きなソフトウェアアップデートのニュースもありそうです。Bloombergでも、iOS 13のダークモードに加え、パワフルな3Dカメラの搭載などがすでに報じられており、Apple がこれからますますAR(拡張現実)に力を入れていくことが予想されています。この新しい 3Dカメラは昨年すでに展開が予定されていたのがのびのびになっていたもの。ギズモード・ジャパンでもかなり前に報告しています。

コードネーム D42、D43と呼ばれているiPhone XSとiPhone XS Maxにはカメラが強化された後継機種が発表される可能性があるとか...。 iPhone XIのリーク画像には、はっきりと3つのカメラが写っているのがわかります。またARKitを拡充していきたいのは確実で、AR用ヘッドセットやメガネといった新器機を投入するのも間近と言われています。

何が発表されるか、今から楽しみですね~。


Source: MacRumors

あわせて読みたい

powered by