Xperia 1・10/10 Plusハンズオン:缶ビールみたいなボディに詰め込まれた「ソニーのDNA」

  • 63,372

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • かみやまたくみ
Xperia 1・10/10 Plusハンズオン:缶ビールみたいなボディに詰め込まれた「ソニーのDNA」
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

スマートフォンがまた変な感じになってきていて、ここ数日で超絶高価な折りたたみスマホとか手のひらを読み込むスマホリア5眼カメラスマホとかが登場してきました。その一方、ソニー(Sony)が発表した新スマホたちはそこまで奇妙奇天烈じゃありませんが、否定しがたい魅力がきちんとあります

アスペクト比21:9、超ワイドな三兄弟

6.5インチの「Xperia 1」がフラッグシップとして大々的に登場しました。お供にミドルグレードの兄弟機「Xperia 10」(6インチ)と「Xperia 10 Plus」(6.5インチ)を引き連れての登場で、21:9という超ワイドな画面アスペクト比によって独特の存在感があります。

雑貨屋に置いてある缶ビールにインスパイアされたみたいなビジュアルですが、その広大なディスプレイにはポートレートモードで写真を撮りながらテキストを打ったりウェブサイトを見たり、よりよい動画の視聴体験を実現するという目的があります。

Xperia1_219
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

ソニーの技術が盛りまくられたドリーム機「Xperia 1」

でもXperia 1で私がもっとも興奮したのは、ソニーのメジャープロダクトたちから最高の技術が取り込まれ、ポータブルデバイスとしてひとつにまとめられていること。ソニーのα7R IIIといえば競争が激化する中でも最高のフルサイズミラーレスカメラ。同じことはTVのBraviaシリーズにも言え、その画質のすばらしさはここ数年賞賛されています。WH-1000M3は私たちが厳選した中でも最高のノイズキャンセリングヘッドフォンです。

Xperia10_10p
左からXperia 10、Xperia 10 Plus、Xperia 1
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

写真に関して言うと、Xperia 1はソニーのスマートフォンとして初めてトリプルリアカメラを搭載。加えて、ソニーのミラーレスカメラ「αシリーズ」から、驚異的な瞳オートフォーカス1秒に10フレームという連写モードを得ています。

オーディオについては、Xperia 1も10/10 Plusもソニーのハイレゾ&LDACエンコード技術に対応し、ソニーによればBluetoothヘッドフォンを使っているときでもそのサウンドは極めてリッチなんだとか。非可逆圧縮音楽ファイル用音質向上技術「DSEE HX」も組み込まれていて、Spotifyのようなアプリで音楽ストリーミングをするときに自動的に圧縮音楽をアップスケールしてくれます。圧縮前の再現性を取り戻すのに役立つわけです。

Xperia 1に他の製品から採用されたもっとも重要なテクノロジーは画面にあります。ソニーいわく世界初の4K HDR OLEDディスプレイ。これはホントに綺麗ですね。Galaxy S10と並べて比べるチャンスはありませんでしたが、ともに今買えるスマートフォンとしては最高のスクリーンを備えていると思います。またXperia 1はソニーのプログレード映画撮影用デジタルカメラブランド「CineAlta」が作った新しいカラープリセット群を備えていて、スマホビデオグラファーにはよりハリウッドライクな動画を撮らせてくれると思われます。

Sony Xperia 1

xperia_1_01
Xperia 1のみ正面と背面にゴリラガラス6を採用(兄弟機は金属製)
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_1_02
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_1_03
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_1_04
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_1_05
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_1_06
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_1_07
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_1_08
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

実際、受け継がれていないものといったらPlayStationのDNAくらいです。Xperia 1はGame Enhancerという機能を備えていて、通知をオフにしてパフォーマンスを最適化したり、ゲームをプレイしながら録画したりできるのですが、ソニーのゲーム機と橋渡しとなる機能はないのですから。ソニーはXperia Play(PSのゲームが遊べたゲームコントローラー付きスマホ)を将来的にうまくアップデートするつもりなんじゃないかと思ってますけどね。

Xperia 1はスペックもよく、プロセッサはQualcomm Snapdragon 855、RAMは6GB、ストレージは128GB(microSDカードスロットあり)、バッテリー容量は3,330mAhです。

Xperia 10/10 Plusはそれぞれ350ドル(約3万8000円)・430ドル(約4万8000円)で、その価格にしてはスペックは控えめですが、ともに悪くありません。Xperia 10はチップセットにSnapdragon 630、RAMは3GB、ストレージは32GBです。Xperia 10 PlusはSnapdragon 636にRAM 4GB、ストレージ 64GBです。どちらも背面にデュアルカメラを搭載しています。

Sony Xperia 10/10Plus

xperia_10p_01
Xperia 10と10Plus
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_10p_02
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_10p_03
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_10p_04
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_10p_05
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_10p_06
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_10p_07
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_10p_08
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_10p_09
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_10p_10
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

xperia_10p_11
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)


指紋認証センサーは3モデルすべてでサイドに配置されていて、電源ボタンとしても機能します。いらっとするのは、Xperia 1にはヘッドフォンジャックがないこと。10と10 Plusにはあります。また、私は気になりませんが、新しくなったベゼルのデザインについては文句を言う人が出てくるのが目に浮かびます。スクリーン下部のベゼルは薄いのに上部のベゼルは厚いんです。

悲しいことに、ソニーはXperia 1の価格をまだ発表してくれていません。しかし、もしこのスマートフォンがそのご先祖様と同じくらいすばらしいものになっているなら、ソニーモバイルのXperia Z3が市場で最高のスマートフォンだった頃──その黄金時代に連れ戻してくれるんじゃないかと思います。Xperia 10と10 Plusは2019年3月18日発売、Xperia 1は今春後半に発売されるとのことです。

Sony Xperia 1 ほしい?

  • 0
  • 0
Sony Mobile

    あわせて読みたい

    powered by