MacとiPhoneにグループFaceTimeバグ修正のアプデ来てるよ

  • author Adam Clark Estes - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
MacとiPhoneにグループFaceTimeバグ修正のアプデ来てるよ
Image: Getty

電話を受信していないのに、プライバシーが筒抜けになっちゃいます。

Apple(アップル)がiOS12とMacOS10.14のアップデートを開始しました。これにより、非常に恐ろしいFaceTimeのバグが修正されるようになります。

そのバグはすでに広く報告されているもので、FaceTimeを使って電話をかけた人によって、かけられた人が着信を受けなくても音声を聞けたり見ることができてしまう、というもの。プライバシーがダダ漏れになってしまうので、必ず更新するようにしましょう。

そのバグとは

このグループFaceTimeバグは最初、およそ1週間前に14歳の少年グラント・トンプソン君によって偶然発見されました。

そのとき彼は、FaceTimeで友達に電話をかけながらゲーム『フォートナイト』をプレイしていました。ですが友達は受信してくれなかったので、スワイプで友達への電話を終了させ、別の友達を追加したのでした。しかしグラント君は、そこでひとり目の友達が着信を受けていない状態なのに、向こうの音声が聞こえることに気が付いたのです。

グラント君は彼の母親にそのことを話し、ふたりはAppleにこの危険性を訴えたものの…その連絡は10日間も放置され、メディアがこの件を取り挙げ初めてからやっと、対処されるようになったのでした。

早く対応するべきだった

後手後手になったAppleの対応は印象悪く見られますね。会社としては、このようなバグを恐れるユーザーのプライバシーを、軽んじているかのように取られてしまいかねません。それにグループFaceTimeのリリースが何カ月も遅れたのも、同じく記憶に残るものです。しかもこれは、iOS12の初期リリースに含まれるはずだったのです。

そして先週のバグのニュースが公表され、議員たちがAppleの遅い対応に疑問を持ち始めた数日後、Appleはやっとバグ修正のためグループFaceTimeを無効にしたのでした。

アップデートしよう!

ということで皆さん、アップデートをしてください。iPhoneでは[設定]>[一般]>[ソフトウェア・アップデート]の順に選択し、[ダウンロードしてインストール]をタップします。MacならApple>このMacについて>ソフトウェアのアップデート、の順に選択してください。

Source: THE VERGE

    あわせて読みたい

    powered by