史上最年少? 12歳で核融合炉を完成させた天才少年

  • 43,380

  • author 岡本玄介
史上最年少? 12歳で核融合炉を完成させた天才少年
Image: ALIEN STAR

将来有望すぎて、大人になったときが楽しみです。

テネシー州メンフィスに住む現在14歳のジャクソン・オズワルト君。彼の趣味は、テレビゲームやインターネットなどフツーの少年たちが熱中するものではなく……なんと核融合炉の組み立てなんです。

製作期間は1年半。原子同士が拘束で衝突してエネルギーを生み出す装置を、自宅で完成させてしまったジャクソン君。

ALIEN STARが取り挙げた映像をどうぞ。

Video: WORLD NEWS/YouTube

調べて聞いて挑戦と失敗の繰り返し

テレビゲームへの興味を捨て、核融合炉を自作することに目覚めたジャクソン君。ALIEN STARによりますと、彼は最初はネットで自作した人たちを調べ、そこから作り方を学んだそうです。次いで必要な資材をリストアップし、競売サイトeBayでパーツを漁りました。意外とパーツ集めは簡単に済み、彼は古い子供部屋を8,000ドル~1万ドル(約89万円~111万円)かけて実験室に改造。諸々を両親から工面して貰いつつも、実験室と核融合炉を完成させたのです。

難しかったのは、パーツをすべてひとつに組むときだったそうです。何故なら、核融合炉を作るための取説がなかったから。そこで彼は、素人の物理学者たちが集う掲示板を利用し、トライ&エラーを繰り返しながらコツコツと作っていったのでした。

完成したのは、13歳になる1時間前だったのとこと。出来上がった結果をオープン・ソースの核融合装置研究協会に投稿し、サイトの管理者にして72歳の検証者リチャード・ホール氏にお墨付きを貰ったのでした。

過去にも天才少年がいた

これまでにも、2014年に13歳だったジェイミー・エドワーズ君が、核融合が可能な原子炉を作ったこともありました。ですがジャクソン君は12歳のときに核融合炉を完成させたので、最年少記録を更新したってことになりますね。

志が立派すぎる

ジャクソン君は現在、団体を立ち上げて出資金を募り、金銭的に恵まれていない子供たちにも科学実験が行なえるよう奮闘しているようです。

科学的な探究心と才能を持っているだけでなく、同年代の子供たちにもチャンスを与えるべく奔走するだなんて、なんとデキた少年なんでしょうね。ここから第二第三のジャクソン君が生まれることを切に願いたいですね。

Source: YouTube via ALIEN STAR, FUSOR.NET

    あわせて読みたい

    powered by