スマホをカメラスタイルにすると撮影が捗る!撮影を快適にし充電もできるグリップ「PhotoGrip Qi」を使ってみた

  • 5,028

  • lifehacker
  • machi-ya
  • author メディアジーンメディアコマース
スマホをカメラスタイルにすると撮影が捗る!撮影を快適にし充電もできるグリップ「PhotoGrip Qi」を使ってみた
Photo: 足立 萌

ライフハッカー[日本版]からの転載

旅行やイベント、外食先でも、身近にあるスマホがあればキレイに撮影できちゃうので、デジカメの出番も減りましたよね。

でも、スマホの形状は滑りやすいので落としそうになったり、充電が少なくて撮影を諦めたり…なんてことはありませんか?

現在machi-yaでキャンペーン中のPhotoGrip Qiを試したところ、ワイヤレス充電やリモコンシャッターなど、痒いところに手が届く製品でしたので、その魅力をお伝えしたいと思います。

フィット感抜群のグリップ

PG_修正2
Photo: 足立 萌

PhotoGrip Qiは本格的なカメラのような、グリップ形状のスマホアタッチメント。ザラッとしたシリコン素材で滑りにくく、持ってみると凹みに指がしっかり固定され、落下する不安がありません。

シャッターボタンを搭載しているので、カメラを構えている感じで撮影にも気合いが入ります。またこの物理ボタンのおかげで自撮りの際も押しやすいです。

PG_修正10-2
Photo: 足立 萌

装着は可動式のアジャスタブルクリップを開いて入れるだけ。4.5インチ以上、最大約6.5インチ(幅67mm~83mm、厚さ10mm)までの端末に対応しており、筆者のiPhone Xにも問題なく装着できました。汎用性があり、機種変更で多少サイズが変わっても大丈夫です。

撮影しながらワイヤレス充電

PG_修正09
Photo: 足立 萌

グリップ内には3000mAhのバッテリーを内蔵。本機の商品名にもなっている通りQi対応で無線充電が可能です。使い方もシンプルで、装着して電源をONにするだけで充電開始。筆者使用のiPhone Xは約2700mAhのバッテリー容量のため、数値上は1回のフル充電も可能です。

縦置きスマホスタンド

PG_修正09
Photo: 足立 萌

バッテリーの重さで重心が上手く設計されているため、縦置きのスマホスタンドとしても利用可能。縦型動画が主流となりつつあるライブ配信やTikTokなどの自撮りにも便利ですね。

無線リモコンで遠隔撮影

PG_09
Photo: 足立 萌

集合写真を撮るときに、タイマー撮影で慌てて移動した経験ありますよね?

PhotoGrip Qiはシャッターボタンは取り外して可能で無線リモコンとしても活躍します。Bluetooth接続のため見通しのよい場所であれば約10mの距離までシャッター操作できました。

ミニ三脚が付いてくる

PG修正04-かえ
Photo: 足立 萌

PhotoGrip Qiにはミニ三脚が付属しています。接続スクリューホールは一般的な三脚に対応する規格のため、既存の本格的な三脚にも利用可能です。

PG_08
Photo: 足立 萌

動画や自撮りの際にちょっとした延長バーのように使うことができます。

シンプルなブラックと差し色鮮やかなホワイト

PG_04
Photo: 足立 萌

筆者はブラックを選びましたが、カラーバリエーションにはエメラルドグリーンが差し色になったホワイトもラインナップ。ご自身の端末カラーに合わせられる選択肢があるのもいいですね。

1日使ってみましたが、PhotoGrip Qiはスマホ撮影をより快適にしてくれる優れものだと感じました。カメラで撮っているような気持ちになるので、写真の腕もアップするかもしれませんね。


多機能アタッチメント「PhotoGrip Qi」は、現在クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、限定200個が早割で31%オフの5,980円(送料込※国内のみ)からオーダー可能となっています。詳細は下のリンクからチェックしてください。

>>「PhotoGrip Qi」の支援はこちらから

Source: machi-ya

あわせて読みたい

powered by