約390万円! テスラから待望の「スタンダードModel 3」登場、受注スタート

  • 32,620

  • author そうこ
約390万円! テスラから待望の「スタンダードModel 3」登場、受注スタート
Image: Tesla

Teslaからついに「スタンダードモデル」が登場。これなら買える…?

Teslaが2016年から約束していたスタンダードモデル「Model 3」がついに登場! オンラインからオーダーが可能となりました。価格は3万5000ドル(約390万円)から。

念願のスタンダードモデルはいいとこ取り

スタンダードModel 3は航続距離220マイル(約320km)、最高時速130マイル(約200km/h)、5.6秒で時速60マイル(約100km/h)まで加速可能。安全性は長距離モデルと同じなので、ハイエンドモデルとの価格差で不安になる必要なし。Model 3 Standard Range Plus(延距離版スタンダードモデル)も同時に発表されており、こちらは航続距離240マイル(約380km)、最高時速140マイル(約220km/h)、5.3秒で時速60マイル(約100km/h)まで加速、インテリアもアップグレードされているとのこと。

仕様の差はあるとはいえ、TeslaといえばModel Xが8万8000ドル(約980万円)、Model Sが7万9000ドル(約880万円)からですから、スタンダードモデルとはいえTesla車としてModel 3は思い切った低(?)価格ですね。

実店舗を減らしてオンライン販売に絞る!

Model 3の注文スタートと同時に、Teslaは今後、オンラインのみの販売に転換していくことも発表。実店舗の多くを閉じ、オンライン販売のみにすることで莫大な経費削減に繋がり、ひいてはクルマの価格を6%カットできるといいます。それがつまり3万5000ドルというModel 3にもつながっていくというわけ。

しかし車購入、実店舗なしで不安になるのは試乗問題。これに対してTeslaは、「うちの返品システムを使ってね」とすることでその問題をクリア。購入(納車)から7日以内または走行距離1000マイル(約1,600km)以下であれば、全額返金での返品が可能。プレスリリースでは「試乗運転は不要」「とりあえず購入して、週末に友達とドライブを楽しんで、気に入らなければ返品すればいい。無料です」ここまで強気になれるのは、自社の顧客満足度の高さにあり、乗ったらぜったい欲しくなる(返品しない)という自信があるからです。セクシー。

発表自体も大幅にコストカットされてた

それにしても、前日のイーロン・マスク氏の「Teslaニュースあり」ツイートからTesla株価が5%ほどあがり、注目されていた今日の発表。発表予定時間前には、Teslaサイトでのオンラインオーダーがすべて一時停止状態となり「ついに待望の時」という煽り文句ページに切り替わっていたものの、発表自体は静かなもんでした。

190301teslamodel3
Image: Tesla

発表時間になっても、マスク氏のツイートもなく、ティザーページが切り替わることもなく。あれ?と思っていたら、一時停止だったオーダーページがしれーっと復活していたというね! 待望されていたスタンダードモデルだけに、もうちょっと盛り上げてくれてもよかったのにという肩透かし気分でした。

…マスク氏のツイート、またSECに怒られそうよね。そしたら罰金が原因でクルマの値段が上がっちゃいそう。

Source: Tesla

Tesla Model 3 ほしい?

  • 0
  • 0
テスラジャパン

    あわせて読みたい

    powered by