50年モノの羊の凍結精子、56頭中34頭の人工授精に成功

  • author 岡本玄介
50年モノの羊の凍結精子、56頭中34頭の人工授精に成功
Image: IFLSCIENCE! via Morgan Hancock

いま元気な羊より、50年モノのほうが妊娠率がチョイ高いという。

シドニー大学の研究者たちが、世界最古の凍結精子羊の人工授精に成功しました。精子が絞られたのは50年も昔のことで、しかも56頭中34頭の羊がご懐妊となったのです。

IFLSCIENCE! によりますと、この人工授精が行なわれたのは昨年とのこと。精子は50年前に4頭の羊から集められ、液体窒素で-196°Cに凍らせてあったとあります。この実験を率いたのは、ジェシカ・リカード博士。チームは解凍後の精子を試験管内で反応を見るインビトロ検査で、運動性、速度、生存率、およびDNAの完全性をチェックしました。

EurekAlert! いわく、興味深いのは現役の精子の受精率59%に対し、世界最古の凍結精子は61%と妊娠率がほぼ変わらないどころか、少し高かったこと。50年間凍っていても、効果のほどは一番搾りと変わらなかったのです。

ちなみに生まれてきた羊たちは、50年前に主流だったメリノ種という、たくさんの羊毛が採られるよう品種改良された品種でした。(ですがこの種は皮膚がダルンダルンで刈りにくいので、廃れてしまっています)。

人間でも凍結精子による人工授精は行なわれていますが、もし今のうちに各方面の天才の精子を残しておけば、未来の人類は優秀になるかもしれませんね。著名人にとっても、実入りの良いビジネスになりそうな気がしますが……?

Source: EurekAlert!, IFLSCIENCE!

    あわせて読みたい

    powered by